Articles

【記事インタビュー③】「彼女はといえば」 チョ・ヒョンジェ 「イ・ミスクと再呼吸、 俳優として光栄」

2018-10-03 (水)

「彼女はといえば」 チョ・ヒョンジェ 「イ・ミスクと再呼吸、 俳優として光栄」

[OSEN=ユジへ記者] 俳優チョ・ヒョンジェが 「彼女はといえば」
で一緒に呼吸を合わせたキム・ジェウォン、ナムサンミ、
イ・ミスクなどに言及した。

2日午後ソウル市中区バンヤンツリーホテルでは SBS 週末ドラマ
「彼女はといえば」に出演した
俳優チョ・ヒョンジェの終映インタビューが開かれた。

この日チョ・ヒョンジェは人格障害を持った悪役カン・チャンギを演技したことについて
「毎作品ごとに難しいのは同じだ。 特別にカン・チャンギは更に難しい部分があった。
監督の要求も典型的な悪役のようにはしないでほしいとした。
私の性格を表現する事において その前とは違う悪役ではないか。
私だけのやり方でこれを表現するということが難しかった」 と話した。

さらに彼は「暴行をはたらく場面では個人的なチョ・ヒョンジェが出ればきつかった。
これをどうすればいいのか慌てた。 それで何も考えずにしようと努力した。
ミステリアスな感じでカン・チャンギに感情移入したらなっていたよ。
監督があまり楽しくすると言うほどに沒入をした。
設定自体も受け入れが個人的に難しい設定だった」
とカン・チャンギ役の難しさを打ち明けた。

また記憶に残る場面で屋上に立っていたシーンを取り上げた。
チョ・ヒョンジェは「屋上の欄干に私をあのように立たせるとは思わなかった。
ワイヤをつけはしたがマンション20階以上の高さだったようだ。 本当に立っている事が難しかった。
できないという考えもあった。
ずっと心の中で俳優はこんなこともしなければならないという考えをしながら心を引き締めた。
実は大変苦しかった。 立っているのにめまいがしていたよ。
無理やりに耐えると心を引き締めた。
その場面が記憶にたくさん残る。 達成感が特別だった。
これよりもっとすごい事も後にはやり遂げなければならないという考えをしながら堪えた」と回想した。

しかしそんなチョ・ヒョンジェを導いたのは仲間の俳優たちだった。
チョ・ヒョンジェは特に映画 「スキャンダル」で呼吸を合わせたイ・ミスクに言及した。
彼は 「イ・ミスク先輩と本当に相性が良かった。
イ・ミスク先輩とする時には演技が本当に楽しかった。
今度一緒に呼吸を合わせることができて本当に光栄だった。
前にはこんなに良い俳優と呼吸を合わせるのが感謝する事だとは思わなかった。
先輩にも 「再び会えてとても光栄で幸せだ」と申し上げた。
演技も呼吸があまりにもよく合って助言もたくさんしてくださった。
チャンギがどうなったら良いだろう。
こんな内面的な部分もお話をして下さった。 また会えたらいいな。
それくらいあまりにも良かった」と話した。

またチョ・ヒョンジェはキム・ジェウォンという良い仲間に会ったと。
彼は 「キム・ジェウォンさんがあまりにも楽だった。
撮影を待ったりこういう時にジェウォン兄さんと対話を最もたくさんした。
一緒に仕事ができてとてもも良かった。
デビューも私と似ていて、 年代も似ている。
時代を一緒に行く感じではないか。
それでもっと良かったようだ」と述べ
「ナム・サンミさんは私を憎悪する役だった。
それでそうなのか対話が多くなかった。
キム・ジェウォン、 ナム・サンミ、 ハン・ウンジョン、私、
四人みんな善良でいい俳優たちだった。
人々が主演四人がみんな似ていると言った。
働く事が本当にやり易かった」と主人公たちに感謝の気持ちを示した。

今作でまた他の悪役をするようになったチョ・ヒョンジェは
「何よりも視聴者たちが私を違うように見てくれて本当にありがたい。
昔は 「あの瞳で悪役をどのようにするのか」とみんなそうだった。
とても善良に見えて問題と言った。
『もうちょっと毒気がなければならない』という言葉をよく聞いた。
そんな部分では解消された。
私には制約が多くなったそれでもっとこの役を逃さないようにした」と話した。

一方、チョ・ヒョンジェが出演した「彼女はといえば」は生きるために人生をかけて
フェイスオフ級整形手術を敢行したが、
手術後遺症で記憶を失ってしまった一人の女性がばらばらになった
記憶のパズルを合わせながら広げていく甘く殺伐としたミステリーメロドラマだ。

http://www.osen.co.kr/article/G1111000223


« | »