Articles

【記事インタビュー②】チョ・ヒョンジェ 「妻、 『彼女はといえば』 全部モニタリング…自信感くれた」

2018-10-03 (水)

チョ・ヒョンジェ 「妻、 『彼女はといえば』 全部モニタリング…自信感くれた」

[OSEN=ユ・ジヘ記者] 「彼女はといえば」のチョ・ヒョンジェが妻に感謝の気持ちを示した。

2日午後ソウル市中区バンヤンツリーホテルでは SBS 週末ドラマ 「彼女はといえば」 に出演した
俳チョ・ヒョンジェの終映インタビューが開かれた。

この日チョ・ヒョンジェは人格障害を持ったカン・チャンギ役を消化したことに対して
「新婚なのにこんなキャラクターをしてもいいのだろうか。
家族を害する役をしてもいいのだろうかと思った。
そんな考えは少しで 俳優だからこの役を表現しなければならない人だから受け入れた」と話した。

まだ「新婚」であるチョ・ヒョンジェはどんな旦那さんかという質問を受けて
「私は優しいと思う。 オーバーにしてあげるスタイルではないが私は小さく気配りする方だ。
仕事がない時には毎日そばにいてあげて必要な事をしようとするスタイルだ。
掃除を一生懸命したりとか。(笑)
私の口でこんな話するのはちょっととても照れくさい。
妻が欠かさずモニタリングをしてくれた。
自信感をさらに引き立ててくれた。
とてもいい。 おもしろいこんな言葉をたくさん言ってくれた」と照れくささを示した。

チョ・ヒョンジェは「家にほとんど帰ることができなかった。
妻にすごく会いたかった。 個人的には研究をたくさんした。アナウンサーだから。
序盤には発声、 発音練習をたくさんした。
個人的に知っているアナウンサーに会って練習をたくさんした。
監督さんが紹介してくれたキム・テウ副局長さんにも会ってすごく練習した。
個人的に欲をたくさん出した」と言って
妻を見られなかった分ドラマにすべてのことを吐き出したと打ち明けた。

「人生居酒屋」から「同床異夢」まで多くのバラエティ番組に出演したチョ・ヒョンジェは
バラエティにおいても多く開かれた。
例えばユ・ジェソク、ハハさんのようにバラエティ感のすぐれた人ではないじゃないか。
その方たちに比べれば本当のバラエティ感がゼロだ。
しかしそれを受け入れる事にした。
私は私なりにすればいいのではないだろうかと思う。
そのように考えを変えた。 SBS 側でも私に出てほしかったようだ。
広報にもなるのだから使命感に出たものもある。
ドラマよくなれという心で。(笑)
今後とも良いバラエティがあればしたい。
選り分けしないだろう。 これからは続けてするだろう。」と説明した。

チョ・ヒョンジェは当面の計画に 「妻が 4ヶ月間、すごく寂しかったようだ。
それでたくさん気を配ってあげなければならないし、
4ヶ月の間 顔を会わせて食事するのも難しかった。
だからチョ・ヒョンジェとして楽な姿で充電をしなければならないようだ」
と愛妻家らしい面貌を見せ拍手を受けた。

一方、チョ・ヒョンジェが出演した「彼女はといえば」は生きるために人生をかけて
フェイスオフ級整形手術を敢行したが、
手術後遺症で記憶を失ってしまった一人の女性がばらばらになった
記憶のパズルを合わせながら広げていく甘く殺伐としたミステリーメロドラマだ。

http://www.osen.co.kr/article/G1111000222


« | »