Articles

【記事】「彼女はといえば」チョ・ヒョンジェ 「カン・チャンギ理解するのかと? 他2本

2018-10-04 (木)

「彼女はといえば」チョ・ヒョンジェ 「カン・チャンギ理解するのかと?
『極嫌(極度に嫌いで憎むという意味)』ですよ。」

[OSEN=ユ・ジヘ記者] 「彼女はといえば」のチョ・ヒョンジェが劇中自分が引き受けた
カン・チャンギキャラクターに対して 「極嫌」と言って笑いを誘った。

2日午後ソウル市中区バンヤンツリーホテルでは SBS 週末ドラマ 「彼女はといえば」に出演した
俳優のチョ・ヒョンジェの終映インタビューが開かれた。

この日チョ・ヒョンジェは放送終了後は休めたのかという質問に
「よく休んだ。 食べなかったのをすぐ食べたら 3kg 程度太った。
キャラクターのためもあるが働く時には食事の管理をした」
と話しながらぐっすり休んだと答えた。

彼は終映所感では 「余韻がずっと残っているような感じだ。 まだ終わった感じが否めない。
私も知らないうちに感情移入をしたようだ。 ちょっとぼうっとなると言うか。
元々はすぐ出るスタイルなのに今度は特にそうだった」 と言って濃厚な余韻を現わした。

人格障害を持ったアナウンサーカン・チャンギ役を引き受けたチョ・ヒョンジェは
「ネタばれが私の人格障害と欠点だった。 最初はこれを言えなかった。
その部分のため感情移入が大変で悩みもした。 これをするまいかという気持ちもあった。
一方、俳優なら皆が忌避することに挑戦をしなければならないのではないかと言う考えもあった。
それでソシオパス的な姿を演技するのが俳優としてはいいという気がして決定をするようになった」
と複雑なキャラクターを選んだ理由を明らかにした。

彼は「演技的には面白い面も多かった。 前にやってみる事ができなかったキャラクターだった。
そんな部分が私に新しく近付いてきた。 悩む部分も多かったがとても新しかったし特別だった」
と言ってカン・チャンギ役に対する特別な愛情を示した。

チョ・ヒョンジェは 「現場では常に罪悪感があった。
チョ・ヒョンジェという人としてはカン・チャンギがとても極嫌キャラクターだ。
社会的な問題ではないか。 私もたくさん捜してみた。
恋人の暴行、暴行夫の事例が本当に多かったよ。
1年に 200人が死ぬという記事も見た。
社会的問題も含まれており これをドラマ的にミステリアスに解くというのが容易ではなかった。
これに感情移入をするというのが個人的には大変だった。
現場では私がたくさん深刻になっていたよ。
そんな部分では終わるまではたくさん大変だった」と率直に答えたりもした。

前の作品である「ヨンパリ」でも悪役を消化したチョ・ヒョンジェは
「悪役に味をしめたというよりも制限を設けたくないのだ。
俳優として私がつらくて難しいほど、私が苦労をするほど視聴者たちはもっと面白く見てくれるようだ。
今後とも独特のキャラクターに開けておきたい。
この作品でもっと開かれたようだ」と説明した。

チョ・ヒョンジェは 「これまで似ている役をたくさんした。
それでいつも喉が乾いていた。 20代の時には反抗児の役は私に絶対入ってこなかった。
反抗児の役をたくさんやって見たかった。
その時から反対的な役をたくさんしてみたいという気持ちがあった。
遂にこんなに独特のキャラクターをするようになったのではないかと思う」
と話しながら演技の喉の渇きを解消したと明らかにした。

カン・チャンギ役に対してチョ・ヒョンジェは 「もちろん今も理解は出来ない」と爆笑をしながらも
「しかしチ・ウナンをあまりにも愛したという心は逃さないようにしていた。
あまりにも愛した心を人格障害で過った表現をするものと思った。
作家さんにもチ・ウナンを愛するカン・チャンギの心を確答を受けてあのように演技した」
とポイントを伝えて注目を集めた。

一方、チョ・ヒョンジェが出演した「彼女はといえば」は生きるために人生をかけて
フェイスオフ級整形手術を敢行したが、
手術後遺症で記憶を失ってしまった一人の女性がばらばらになった
記憶のパズルを合わせながら広げていく甘く殺伐としたミステリーメロドラマだ。

http://www.osen.co.kr/article/G1111000224

チョ・ヒョンジェ 「妻、 『彼女はといえば』 全部モニタリング…自信感くれた」

[OSEN=ユ・ジヘ記者] 「彼女はといえば」のチョ・ヒョンジェが妻に感謝の気持ちを示した。

2日午後ソウル市中区バンヤンツリーホテルでは SBS 週末ドラマ 「彼女はといえば」 に出演した
俳チョ・ヒョンジェの終映インタビューが開かれた。

この日チョ・ヒョンジェは人格障害を持ったカン・チャンギ役を消化したことに対して
「新婚なのにこんなキャラクターをしてもいいのだろうか。
家族を害する役をしてもいいのだろうかと思った。
そんな考えは少しで 俳優だからこの役を表現しなければならない人だから受け入れた」と話した。

まだ「新婚」であるチョ・ヒョンジェはどんな旦那さんかという質問を受けて
「私は優しいと思う。 オーバーにしてあげるスタイルではないが私は小さく気配りする方だ。
仕事がない時には毎日そばにいてあげて必要な事をしようとするスタイルだ。
掃除を一生懸命したりとか。(笑)
私の口でこんな話するのはちょっととても照れくさい。
妻が欠かさずモニタリングをしてくれた。
自信感をさらに引き立ててくれた。
とてもいい。 おもしろいこんな言葉をたくさん言ってくれた」と照れくささを示した。

チョ・ヒョンジェは「家にほとんど帰ることができなかった。
妻にすごく会いたかった。 個人的には研究をたくさんした。アナウンサーだから。
序盤には発声、 発音練習をたくさんした。
個人的に知っているアナウンサーに会って練習をたくさんした。
監督さんが紹介してくれたキム・テウ副局長さんにも会ってすごく練習した。
個人的に欲をたくさん出した」と言って
妻を見られなかった分ドラマにすべてのことを吐き出したと打ち明けた。

「人生居酒屋」から「同床異夢」まで多くのバラエティ番組に出演したチョ・ヒョンジェは
バラエティにおいても多く開かれた。
例えばユ・ジェソク、ハハさんのようにバラエティ感のすぐれた人ではないじゃないか。
その方たちに比べれば本当のバラエティ感がゼロだ。
しかしそれを受け入れる事にした。
私は私なりにすればいいのではないだろうかと思う。
そのように考えを変えた。 SBS 側でも私に出てほしかったようだ。
広報にもなるのだから使命感に出たものもある。
ドラマよくなれという心で。(笑)
今後とも良いバラエティがあればしたい。
選り分けしないだろう。 これからは続けてするだろう。」と説明した。

チョ・ヒョンジェは当面の計画に 「妻が 4ヶ月間、すごく寂しかったようだ。
それでたくさん気を配ってあげなければならないし、
4ヶ月の間 顔を会わせて食事するのも難しかった。
だからチョ・ヒョンジェとして楽な姿で充電をしなければならないようだ」
と愛妻家らしい面貌を見せ拍手を受けた。

一方、チョ・ヒョンジェが出演した「彼女はといえば」は生きるために人生をかけて
フェイスオフ級整形手術を敢行したが、
手術後遺症で記憶を失ってしまった一人の女性がばらばらになった
記憶のパズルを合わせながら広げていく甘く殺伐としたミステリーメロドラマだ。

http://www.osen.co.kr/article/G1111000222

 

 

「彼女はといえば」 チョ・ヒョンジェ 「イ・ミスクと再呼吸、 俳優として光栄」

[OSEN=ユジへ記者] 俳優チョ・ヒョンジェが 「彼女はといえば」で一緒に呼吸を合わせたキム・ジェウォン、ナムサンミ、イ・ミスクなどに言及した。

2日午後ソウル市中区バンヤンツリーホテルでは SBS 週末ドラマ 「彼女はといえば」に出演した俳優チョ・ヒョンジェの終映インタビューが開かれた。

この日チョ・ヒョンジェは人格障害を持った悪役カン・チャンギを演技したことについて 「毎作品ごとに難しいのは同じだ。 特別にカン・チャンギは更に難しい部分があった。監督の要求も典型的な悪役のようにはしないでほしいとした。私の性格を表現する事において その前とは違う悪役ではないか。 私だけのやり方でこれを表現するということが難しかった」 と話した。

さらに彼は「暴行をはたらく場面では個人的なチョ・ヒョンジェが出ればきつかった。これをどうすればいいのか慌てた。 それで何も考えずにしようと努力した。 ミステリアスな感じでカン・チャンギに感情移入したらなっていたよ。 監督があまり楽しくすると言うほどに沒入をした。 設定自体も受け入れが個人的に難しい設定だった」

とカン・チャンギ役の難しさを打ち明けた。

また記憶に残る場面で屋上に立っていたシーンを取り上げた。
チョ・ヒョンジェは「屋上の欄干に私をあのように立たせるとは思わなかった。
ワイヤをつけはしたがマンション20階以上の高さだったようだ。 本当に立っている事が難しかった。
できないという考えもあった。
ずっと心の中で俳優はこんなこともしなければならないという考えをしながら心を引き締めた。
実は大変苦しかった。 立っているのにめまいがしていたよ。
無理やりに耐えると心を引き締めた。
その場面が記憶にたくさん残る。 達成感が特別だった。
これよりもっとすごい事も後にはやり遂げなければならないという考えをしながら堪えた」と回想した。

しかしそんなチョ・ヒョンジェを導いたのは仲間の俳優たちだった。
チョ・ヒョンジェは特に映画 「スキャンダル」で呼吸を合わせたイ・ミスクに言及した。
彼は 「イ・ミスク先輩と本当に相性が良かった。
イ・ミスク先輩とする時には演技が本当に楽しかった。
今度一緒に呼吸を合わせることができて本当に光栄だった。
前にはこんなに良い俳優と呼吸を合わせるのが感謝する事だとは思わなかった。
先輩にも 「再び会えてとても光栄で幸せだ」と申し上げた。
演技も呼吸があまりにもよく合って助言もたくさんしてくださった。
チャンギがどうなったら良いだろう。
こんな内面的な部分もお話をして下さった。 また会えたらいいな。
それくらいあまりにも良かった」と話した。

またチョ・ヒョンジェはキム・ジェウォンという良い仲間に会ったと。
彼は 「キム・ジェウォンさんがあまりにも楽だった。
撮影を待ったりこういう時にジェウォン兄さんと対話を最もたくさんした。
一緒に仕事ができてとてもも良かった。
デビューも私と似ていて、 年代も似ている。
時代を一緒に行く感じではないか。
それでもっと良かったようだ」と述べ「ナム・サンミさんは私を憎悪する役だった。
それでそうなのか対話が多くなかった。
キム・ジェウォン、 ナム・サンミ、 ハン・ウンジョン、私、四人みんな善良でいい俳優たちだった。
人々が主演四人がみんな似ていると言った。
働く事が本当にやり易かった」と主人公たちに感謝の気持ちを示した。

今作でまた他の悪役をするようになったチョ・ヒョンジェは
「何よりも視聴者たちが私を違うように見てくれて本当にありがたい。
昔は 「あの瞳で悪役をどのようにするのか」とみんなそうだった。
とても善良に見えて問題と言った。
『もうちょっと毒気がなければならない』という言葉をよく聞いた。
そんな部分では解消された。
私には制約が多くなったそれでもっとこの役を逃さないようにした」と話した。

一方、チョ・ヒョンジェが出演した「彼女はといえば」は生きるために人生をかけて
フェイスオフ級整形手術を敢行したが、
手術後遺症で記憶を失ってしまった一人の女性がばらばらになった
記憶のパズルを合わせながら広げていく甘く殺伐としたミステリーメロドラマだ。

http://www.osen.co.kr/article/G1111000223


« | »