Articles

【記事】終映 「彼女はといえば」 チョ・ヒョンジェ 興行保証力+演技力立証した 「信見俳(信じて見る俳優)」

2018-09-30 (日)

終映 「彼女はといえば」 チョ・ヒョンジェ 興行保証力+演技力立証した 「信見俳(信じて見る俳優)」

OSEN=カン・ソジョン記者] 俳優チョ・ヒョンジェが爆発的な空前絶後の演技で全盛時代を開いた。

チョ・ヒョンジェが出演した SBS 週末ドラマ 「彼女はといえば」 40回で終わり大団円で幕を閉じた。

チョ・ヒョンジェは 「彼女はといえば」でジャンル的特性ミステリーメロをすべて持っている人物
カン・チャンギ役を演じ、名不虚伝渾身の演技で 100% キャラクターになりきり
チョ・ヒョンジェは連日話題の中心に立った。
彼が演技した大部分の演技シーンが最高の名場面として挙げられるなど話題を呼んできた。

共に「彼女はといえば」の中の主演俳優たちはそれぞれが異なる魅力で大活躍を繰り広げたが
その中でも最も大きく視聴者たちの注目を集めた人物だという評価を受けた。

先立って前作 SBS 「ヨンパリ」で デビュー以来初の悪役ハン・ドジュン役を演じて破格変身を試み
スペクトラム広い演技を通じて完壁に沒入し「信じて見る俳優」で登位し視聴者たちの絶賛を得た。

そんな彼が今回 「彼女はといえば」では次元が違う他の感情の爆発と節制を行き来する緩急の調節演技を通じて
老若男女を問わず全年齢層に好感度と信頼度の高い俳優でもう一度完壁に位置づけられた。

このようにもう一度 訳もなく「信じて見る俳優」タイトルが付いたのではないということを
全身で立証したチョ・ヒョンジェにドラマ映画及び広告モデルの提案が殺到しているという裏話。

製作関係者はカン・チャンギ役のために厳しい体重減量をし、高所恐怖症があるにもかかわらず
高難易度アクション演技を直接消化するなど製作スタッフ皆の賛辞を受けるほど
大変な努力を注いだチョ・ヒョンジェの演技闘魂のおかげで
長く間記憶に残る名場面が誕生したと伝えた。

これを証明するかのようにこの作品で 2018 アジア太平洋スター・アワード(APAN)
長編部門 男子優秀演技賞候補に上がり大勢の俳優の歩みを引きついで行く。

チョ・ヒョンジェは 18年演技の能力を通じて「彼女はといえば」が興行出来るように自分の演技力を十分に発揮し
視聴者たちの心に響いたので大衆の心の中に「彼女はといえば」は忘れることができない作品として記憶されるだろう。

http://www.osen.co.kr/article/G1110999093


« | »