Articles

☆조현재는 흔히 말하는 ‘꽃미남’은 아니다.☆

2011-10-02 (日)

   

チョ・ヒョンジェはよく言われる「花美男」ではない。けれども再度目が行く。美男と言う感じより、「何て善良そうな人なのか」という印象を受ける顔だ。彼は神父服があのように似合うという評を聞くことも、そんな理由だろう。チョ・ヒョンジェは4月1日終了するMBC月火ミニシリーズ「ラブレター」(脚本オ・スヨン、演出オ・ギョンホン)のアンドレアを熱演、最近はテレビドラマの人気を一身に集めている。実際に彼と会ってみると、「容貌から」平凡に見えるが、画面の中の彼はまた違う。ハンサムだとか印象が良いとか良いことを越えて、繊細な感性のきめ細かさを表現できる俳優。通常、言葉が少ないことも、このような感情を温存しておく過程なのかも知れない。この男性が、本音を少しずつ解き明かした。
芸能界デビューは、
2000年ポカリスエットCFでデビューした。19歳から演技をしようと考えた。内気な性格が心配だがとてもしたくて、知り合いの兄の演劇を見た後に本格的に準備した。

高校に行かずに検定考査を経て大学へ行った理由は。
家が難しい(状況)だったが、入学金を出せないほどではなかった。両親に頼りたくなくて、高校へ行かなかった。検定考査を受けるという計画を明確にして両親を説得し、できるアルバイトをすべてした。荒い仕事からビュッフェ式の食堂、倉庫整理まで、一つ残らず(仕事を)した。

歌やダンス、あるいはお酒の実力は如何か。
歌は好きだがダンスは上手に出来ない。カラオケに行けば、ソン・シギョン、チョ・ジャンヒョクの歌を楽しく歌う。焼酎は、1本半飲めば酔う。最近は酒を飲む時間も無いが、チ・ジニ兄さんとドラマ終了後に一杯飲んだりした。

お姉さん達が世話をしてくれるようだが。
姉が3歳の差で二人いるが、幼いときは餅を食べようと喧嘩もしたが、今はキュウリパックもしてくれたり、モニタリングもしっかりしてくれる。

神父役を引き受けて、難しいところは無いか。
「ピエロの神父」という本も読んで、神父に直接会い話も聞いた。神 父も普通にいたずらもするね。 進むにつれて敬虔にしようとしても、むしろ難しい感じで、自然に演技しようと努力した。僕が神父に値する資格がある人間ではないようだ。しかし、聖堂へ入ると心が楽になる。

4月1日最終回放送の結末はどうなれば良いか。
ウネ(スエ)とかが、回復すれば良い。もしかして僕にこのようなことが起きたら、始めから神父の道よりは愛する人を選択すると思う。

女性像は。
顔形を決め付けない。 性格がよく合って、共感できるものがあれば良いと考えている。 初恋は中学校3年のとき、知っているお姉さんを片思いした。思春期に初めて女性と付き合った。女性と付き合ったことが無い男がいるか… ただ感じが良く、僕が先に会いたいと話した。今、ガールフレンドはいない。

好きな俳優は。
イ・ビョンホンやチャン・ドンゴン。明るい役や深い役を二人とも良くこなしている点が好きだ。「オールイン」も見たいけれど、時間が意のままにならなくて殆ど見られない。僕はコミックとか軽い演技よりは、深さがある演技のスタイルが好きだ。

新人発掘の才があるデザイナー アンドレ・キムが絶賛したが…。
「ラブレター」開始前に、先生が服を下さるというので一度お会いした。ロングコートをいただいたが、野外撮影の合間あいまに体を保温するときに良く着ている。

声が良いという評判が多い。
僕が聴くと、ちょっと眠たくなるように思う。軽快な声ではない。その上最近鼻風邪を引いて、声が良くない。

「ラブレター」が終ったら、必ずしたいことは。
映画を見たい。 「I am샘」以降、映画を見られなかった。もう少し寝ないといけない。夜行性なのに、朝から撮影するので苦労した。ドラマが終る翌日に初めて外国へ行く。衣料ブランド「クレンシア」写真集の撮影のためにフィリピンへ行くのだが、とても楽しみにしている。

 

조현재는 흔히 말하는 ‘꽃미남’은 아니다. 하지만 한 번 더 눈이 간다. 미남이란 느낌보다 ‘참 선한 사람이네’라는 인상을 주는 얼굴이다. 그가 신부복이 저렇게 잘 어울린다는 평을 듣는 것도 그런 이유일 것이다. 조현재는 4월1일 종영되는 MBC 월화 미니시리즈 ‘러브레터’(극본 오수연·연출 오경훈)의 안드레아로 열연,요즘 안방극장의 인기를 한 몸에 받고 있다. 실제로 그를 만나보면 ‘의외로’ 평범해 보이지만 화면 속의 그는 또 다르다. 잘 생기거나 인상이 좋거나 선한 것을 넘어,섬세한 감성의 결을표현할 줄 아는 배우다. 평소 말을 아끼는 것도 그렇게 감정을 갈무리해두는 과정일지도 모른다.그 남자가 속내를 조금씩 풀어놓았다.

연예계 데뷔는.
2000년 포카리스웨트 CF로 데뷔했다. 19살 때부터 연기하겠다는 생각을 했다. 내성적인 성격이 걱정도 되지만 너무 해보고 싶어 아는 형의 연극을 본 후 본격적으로 준비했다.

고등학교를 다니지 않고 검정고시를 치러 대학에 간 이유는.
집이 어렵긴 했지만 등록금을 못 낼 정도는 아니었다. 부모님께 의지하고 싶지 않아 고등학교에 가지 않았다. 검정고시를 보겠다는 계획을 확실히 밝혀 부모님을 설득하고 갖은 아르바이트를 다 해봤다. 막노동부터 뷔페식당에서 창고정리까지 두루 해봤다.

노래나 춤,혹은 술 실력은 어떤지.
노래는 좋아하지만 춤은 잘 못 춘다. 노래방에 가면 성시경 조장혁의 노래를 즐겨 부른다. 소주는 한 병 반 마시면 취한다. 요즘은 술 마실 시간도 없지만 지진희 형과 드라마 끝나고 한 잔 하기로 했다.

누나들이 극진하다는데.
누나가 세 살 터울을 두고 두 명인데 어려서는 편 먹고 싸우기도 했지만,지금은 오이팩도 해 주고 모니터링도 꼭꼭 해 준다.

신부 역할을 맡으며 어려운 점은 없었는지.
‘피에로의 신부’라는 책도 읽고 신부를 직접 만나 이야기도 들었다. 신부도 평상시 같이 장난도 치더라. 지나치게 경건하려고 하면 오히려 어려울 것 같아 자연스럽게 연기하려고 애썼다. 내가 신부가 될 만한 자격이 있는 사람 같지는 않다. 하지만 성당에 들어가니 마음이 편하다.

4월1일 마지막 방송의 결론은 어떻게 났으면 좋을지.
은하(수애)랑 잘 되었으면 좋겠다. 아마 나에게 이런 일이 일어났다면 애초부터 신부의 길보다는 사랑하는 사람을 택했을 것 같다.

여성상은.

얼굴 스타일 같은 것을 정하지는 않는다. 성격이 잘 맞고 공감대가 있으면 된다고 생각한다. 첫사랑은 중학교 3학년 때 아는 누나를 짝사랑한 것이었다. 사춘기 때 처음 여자를 사귀어봤다. 여자 사귀어보지 않은 남자 있나…. 그냥 느낌이 좋아 내가 먼저 따로 보고 싶다고 이야기했었다. 지금은 여친이 없다.


« | »