Articles

「感性の演技 逸品」、他1本(2011.5.19 & 20)

2011-10-10 (月)

`49조현재전역   작품 ”감성연기 일품“ 호평
입력 : 2011-05-19 23:11:25

[이데일리 SPN 김영환 기자] 배우 조현재가 전역 후 처음으로 선택한 작품 `49일`은 성공적이었다. 

조현재는 19일 종영된 SBS 수목드라마 `49일`에서 한강 역을 맡아 열연을 펼쳤다. 한강은 신지현(남규리 분)을 묵묵하게 좋아하며 물심양면 도움을 줬던 캐릭터, 조현재는 눈빛으로 한강의 깊은 속내를 잘 표현해냈다는 평가를 받았다. 

조현재는 이날 방송된 `49일` 마지막회에서도 끝내 죽음을 맞는 신지현을 가슴에 묻는 감성 연기로 시청자의 시선을 끌었다.

시청자들은 시청자 게시판 등에 ”조현재씨가 온몸으로 표현해 낸 한강의 캐릭터 정말 맘에 든다” “조현재씨는 순애보 사랑을 무척 잘 표현한다” “순애보적인첫사랑과 정말 잘어울리는 배우”라고 조현재의 연기를 평가했다. 

아울러 ”기술 연기가 아닌 감성 연기가 뛰어나다” “제대 후 더 성숙하고 깊이 있는 연기를 펼치는 것 같다” “다음 작품이 무척 기다려진다”고 기대감을 표하기도 했다.

이데일리 SPN 김영환 기자 sportholic@
http://spn.edaily.co.kr/entertain/newsRead.asp?sub_cd=EA3…

 

`49日`チョ・ヒョンジェ、転役後初の作品「感性の演技 逸品」好評
[イーデイリー SPN キム・ヨンファン記者]俳優チョ・ヒョンジェが転役後最初に選んだ作品`49日`は、成功した。

チョ・ヒョンジェは19日終了したSBS水木ドラマ`49日`でハンガン役を引き受け熱演した。 ハンガンはシン・ジヒョン(ナム・ギュリ)を密かに愛し、物心両面で助けるキャラクター、チョ・ヒョンジェは眼差しでハンガンの深い心根を良く表現したという評価を得た。

チョ・ヒョンジェは、この日放送された`49日`最終回でも、最後に死を向かえるシン・ジヒョンを胸に籠める感性の演技で視聴者の視線を集めた。 

視聴者たちは、視聴者掲示板などに「チョ・ヒョンジェさんが全身で表現したハンガンのキャラクター、本当に気に入った。」「チョ・ヒョンジェさんは愛を良く表現した。」「純愛の初恋と本当によくマッチした俳優」と、チョ・ヒョンジェの演技を評価した。

同時に、「技術的な演技ではない感性の演技が優れている。」「除隊後さらに成熟して深い演技を広げたと思う。」「次の作品がとても楽しみだ。」と期待感を表した。

*************************************************************

`49남규리조현재에게 ”하루만 빌려줘“ 애틋한 사랑

입력시간 :2011.05.20 07:37

[이데일리 SPN 박미경 객원기자] 자신의 죽음을 앞둔 남규리가 조현재에게 마지막 사랑을 보여줬다. 

19일 방송된 SBS 수목드라마 `49일`(극본 소현경, 연출 조영광) 최종회에서는 영원한 이별을 앞둔 신지현과 한강의 애틋한 시간이 그려져 시청자들의 마음을 안타깝게 했다. 

이날 신지현은 한강의 레스토랑을 찾았고 “너랑 어디 좀 가려고 한다”며 한강을 이끌었다. 그리고 “내가 한번도 남자친구와 김밥 싸서 피크닉 가는 걸 못해봤다”며 “한강. 너 하루만 빌려줘라. 내 남자친구로”라고 말해 한강을 당황하게 했다. 

한강은 “그럼 너도 내일 하루 내 여자친구로 빌려달라”고 말했지만 신지현은 약속할 수 없기에 안타까운 눈빛만 보였다. 

이어 공원에서 김밥도 먹고 사진도 보며 티격태격 애틋한 시간을 보낸 두 사람은 소원을 빌면 이루어진다는 동상 앞에 섰다. 그리고 지현은 “나 소원있다”며동전을 던졌다. 

그러나 두 사람은 서로 다른 소원을 빌어 시청자들을 가슴을 울렸다. 한강은 “지현이가 제 곁에서 살게 해달라”, 신지현은 “강이가 저를 잊게 해달라”고 빈 후서로를 보며 애써 환한 표정을 지어보여 안타까움을 더했다. 

한편 이날 신지현은 진정한 눈물 세 방울을 얻고 깨어난 지 6일만에 진짜 죽음에 이르게 되어 남아있는 사람들에게 큰 충격을 주었다. 

지난 3월 첫방송을 시작한 `49일`은 반전에 반전을 거듭한 끝에 이날 20회를 마지막으로 대단원의 막을 내렸다. 

http://www.edaily.co.kr/news/spn/NewsRead.asp?newsid=0108…

 

`49日`ナム・ギュリ、チョ・ヒョンジェに「一日だけ貸して」切ない愛
[イーデイリー SPN パク・ミギョン客員記者]自分の死が近づいたナム・ギュリがチョ・ヒョンジェに最後の愛情を見せた。

19日放送されたSBS水木ドラマ`49日`(脚本ソ・ヒョンギョン、演出チョ・ヨンガン)最終回では、永遠の別れが迫ったシン・ジヒョンとハンガンのやるせない時間が描かれて視聴者たちの胸を切なくさせた。

この日、シン・ジヒョンはハンガンのレストランを訪ねて、「あなたとちょっと出かけようと思って、」と、ハンガンを誘った。 そして、「私、一度もボーイフレンドとキ厶バブを持ってピクニックに行ったことがないの。」と言い、「ハンガン。 あなた、一日だけ貸してちょうだい。私のボーイフレンドで、」と言ってハンガンを慌てさせた。

ハンガンは、「それじゃ、君も明日一日だけ僕のガールフレンドとして貸してくれ」と話したが、シン・ジヒョンは約束できずに物悲しい眼差しだけを見せた。

そして公園でキ厶バブも食べて、写真も見たり、何だかんだと切ない時間を過ごした二人は願いを祈れば叶うという銅像の前に立った。そしてジヒョンは「私の願いです」と言って小銭を投げた。

しかし、二人はお互い違う願いを祈り、視聴者たちを泣かせた。ハンガンは「ジヒョンが僕の傍で生きてくれるように」、ジヒョンは「ハンガンが私を忘れてくれるように」と祈ったのち、お互いを見つめて悲し気な明るい表情を見せて、切なさが募った。

一方この日、シン・ジヒョンは真心の涙3滴を得て目覚めてから6日後に本当の死に至り、残った人々に大きな衝撃を与えた。

去る3月初放送を開始した`49日`は、逆転に逆転を繰り返した挙げ句、この日20回を最後に大詰めの幕を閉じた。


« | »