Articles

愛、切なさが加わり(2011.5.19)

2011-10-10 (月)

’49‘ 조현재-남규리 사랑애틋함 더해

기사입력 2011-05-19 07:47:10

조현재가 남규리와 애틋한 ‘휠체어 데이트’를 선보이며 막바지를 향해가는 SBS 수목드라마 ’49일’의 애틋함을 더했다.

조현재는 7일 방송된 ‘49일’ 19회 분에서 뇌사에서 깨어난 지현(남규리)과 첫 데이트를 즐겼다.

무엇보다 한강(조현재)은 극중 49일 동안 있었던 자신과의 사랑을 기억하지 못하는 지현의 모습에 안타까워하면서도 그저 지현이가 깨어났다는 사실에 감사하며 묵묵히 그녀 곁을 지켰다.

지현이네 회사의 부도를 막을 수 있는 투자금 유치에 성공하고 기쁜 마음으로 귀국했던 한강은 지현이가 깨어났다는 소식에 한걸음에 병원으로 달려갔지만자신과 사랑했던 것은 물론 49일 간의 일을 전혀 기억하지 못하는 지현의 모습에 몹시 서운함을 느꼈다. 

하지만 집으로 돌아온 한강은 지현이가 송이경(이요원)의 모습을 한 채 자신을 처음 찾아왔던 모습부터 서로의 마음을 확인하고 사랑하게 되기까지 ‘49일’동안 있었던 일을 찬찬히 되새기며 또 다시 지현을 향한 짝사랑을 시작하기로 마음 먹었다. 

첫사랑 지현을 민호(배수빈)의 약혼자로 다시 만나게 됐을 때도, 지현이 사고로 의식을 잃은 채 병상에 누워있을 때도, 또 송이경의 몸에 빙의된 지현이 자신앞에 나타났을 때도 사랑하는 마음을 숨긴 채 묵묵히 ‘지현바라기’를 해왔던 한강의 ‘짝사랑’이 다시 한 번 시작된 것이다.

한강은 먼저 이경을 찾아가 그 동안 지현을 도와준 것에 대한 감사의 인사를 전하며 커피숍을 그만둔 이경을 생각해 자신의 와인 바에서 일해 줄 것을 부탁하는 등 지현의 마음을 헤아리는 ‘어른스러운 사랑’을 보여줬다. 

이어 분홍 장미꽃 한 다발을 들고 병실에 있는 지현을 찾아가 “신지현! 돌아온 걸 축하한다! 앞으로 내가 매일 올 거거든? 적응해 두는 게 좋을 거다”라며 지현에게 변함없는 자신의 마음을 전했다. 

이후 한강은 물리치료 받는 지현을 묵묵히 응원해주는가 하면 지현이를 휠체어에 태워 산책을 시켜주는 등 내내 지현 곁을 지켰다. 특히 지현이와 첫 데이트격인 산책 때는 “나도 아주 좋다. 너 살아나서”라는 말로 간접적인 마음을 고백하기도 했다. 

시청자들은 “결국 한강이 해낼 줄 알았다. 지현도 살리고 신가산업도 살리다니, 역시 ‘구세주 한강’ ‘흑기사 한강’이다!! ‘한강의 기적’이 결국 이뤄진 셈이다” “지현이 그간의 일을 기억하지 못해 안타깝지만 한강과 알콩달콩 새로운 사랑을 시작하는 모습도 기대가 된다. 한강의 짝사랑이 꼭 이루어졌으면 좋겠다”고말했다. 

한편 19회 엔딩 장면에서는 “왜 한강을 기억하지 못하는 척 하냐”는 이경의 질문에 지현이 “왜냐하면 나는 곧 죽을 거니까”라는 대답을 내놔 예상 밖의 반전을 예고하며 긴장감을 더했다. 

hhappy@osen.co.kr
http://stoo.asiae.co.kr/news/stview.htm?idxno=20110519074…

`49日` チョ・ヒョンジェ-ナム・ギュリ 愛、 切なさが加わり
チョ・ヒョンジェがナム・ギュリとの切ない`車椅子デート`を見せて、(ドラマの)追い込みに向かっているSBS水木ドラマ`49日`の切なさを加えた。

チョ・ヒョンジェは、7日放送された`49日`19話で脳死から目覚めたジヒョン(ナム・ギュリ)と初デートを楽しんだ。

何よりもハンガン(チョ・ヒョンジェ)は劇中49日間供にした自分との愛を覚えていないジヒョンの姿に気落ちしながらも、ただジヒョンが目を覚した事実に感謝し、黙々と彼女の傍らで見守った。

ジヒョンのために会社の不渡りを防ぐことができる投資金融投資に成功し、気分良く帰国したハンガンは、ジヒョンが気が付いた知らせで一足飛びに病院へ駆け付けたが、自分と愛したことは勿論のこと、49日間の出来事を全く覚えていないジヒョンの姿に寂しさを感じた。

しかし家に帰ったハンガンは、ジヒョンがソン・イギョン(イ・ヨオン)の姿で初めて訪ねてきた姿から、お互いの心を確認し愛するようになるまでの`49日`間の出来事をゆるりと思い返し、また再びジヒョンに向かって片想いを始めようと決心した。

初恋のジヒョンとミノ(ベ・スビン)の婚約者として再会したときも、ジヒョンが事故で意識不明のまま病院で横たわっていても、またソン・イギョンの体に憑依したジヒョンが自分の前に現れても、愛する気持ちを抑えたまま黙々と`ジヒョン望`をしていたハンガンの`片想い`が、また始まったということ。

ハンガンはまずイギョンを訪ね、この間ジヒョンを助けてくれたことに感謝を伝え、コーヒーショップを辞めて、イギョンのために自分のワインバーで働くように願うなど、ジヒョンの気持ちに気を配った`大人の愛`を見せた。

そしてピンクのバラの花束を持って病室に居るジヒョンを訪ね、「シン・ジヒョン! 戻れておめでとう! これから僕が毎日来るからな? そのつもりで居ろよ」と言って、ジヒョンに変わらぬ自分の気持ちを伝えた。

その後ハンガンは物理療法をうけるジヒョンを黙って見守るかと思えば、ジヒョンを車いすに乗せて散歩させるなど、いつもジヒョンの傍にいた。特にジヒョンとの最初のデートの散歩では、「僕もすごく気分が良いな。お前が生き返って、」と言って間接的に気持ちを告白してもいる。

視聴者たちは「結局ハンガンがやり抜くと思った。ジヒョンも生きて、シンガ産業も生き残り、さすが`救世主ハンガン“黒騎士ハンガン`だ!! `ハンガンの奇跡`が結局成就したというわけだ」「ジヒョンが、その間の出来事を覚えていなくて残念だが、ハンガンと甘くて新たな愛を始める姿も楽しみだ。ハンガンの片想いが必ず成就すれば良い」と話した。

一方、19話の最後の場面では、「何でハンガンを覚えていないふりをするの」というイギョンの質問に、ジヒョンが「何故なら、私また死ぬの」と答えで予想外の逆転を予告して緊張感を加えた。


« | »