Articles

イ・ヨオン、ナム・ギュリ 2度死ぬのか、、 (2011.5.6)

2011-10-10 (月)

‘49일’ 이요원, 남규리 두번 죽이나.. 도망간 이요원 때문에 남규리 실신
[2011-05-06 06:57:21]

[뉴스엔 유경상 기자] 

‘49일’ 이요원, 남규리 두번 죽이나.. 도망간 이요원 때문에 남규리 실신 

영혼 신지현(남규리 분)에 두려움을 느낀 송이경(이요원 분)은 부산으로 도망갔다. 영혼 상태로 힘이 빠진 신지현은 길바닥에 쓰러졌다. 송이경 때문에 죽음의 문턱에 선 신지현이 정말 죽을 위기를 맞았다. 

5월 5일 방송된 SBS 수목드라마 ‘49일’(극본 소현경/연출 조영광) 16회에서는 영혼 신지현을 피해 도망가는 송이경의 모습이 그려졌다.

신지현이 송이경의 몸에 빙의됐음을 알게 된 강민호(배수빈 분)는 일을 꾸몄다. 송이경의 방을 비싼 값으로 사들여 송이경을 내쫓은 후 갈 곳 잃은 그녀에게부산의 일자리를 제안했다.

영문을 알 수 없는 호의에 송이경이 “내게 왜 이러냐”고 반문하자 강민호는 “송이경씨가 계속 몸을 빌려주면 내가 아주 불편하고 위험해진다”며 “만약 계속몸을 빌려준다면 나는 다른 방법으로 계속 송이경씨 일에 간섭할 수밖에 없다”고 경고했다. 

혼란스러워 하는 송이경에게 정신과 의사 노경빈(강성민 분) 역시 일본행을 권했다. 노경빈은 “좋은 조건이면 부산으로 가는 게 당연하지 않냐”며 “만약 정말영혼이 들었다면 언제까지고 두 영혼이 한 몸에 머무를 순 없는 거다. 그 영혼이 평생 몸을 빌려달라고 하면 또 어쩔 거냐”고 조언했다. 

영혼 신지현의 존재를 느끼던 송이경은 결국 그녀에게서 도망치기로 결심했다. 송이경은 신지현의 존재를 듣고 보기까지 하는 상황. 송이경은 “나가달라”고말해 신지현을 방에서 내쫓은 후 간단한 짐을 쌌다. 

이어 송이경은 뒤도 돌아보지 않고 뛰어 택시에 탑승해 역까지 갔다. 49일에서 이제 열흘 남짓 남은 신지현은 영혼상태에서 힘을 쓰지 못하는 상태. 신지현은 송이경을 뒤쫓으려 했지만 도중에 기운이 빠져 길바닥에 쓰러졌다. 

신지현은 송이경의 자살시도로 인한 교통사고에 휘말려 죽을 때도 아닌데 죽음의 문턱에 선 인물. 송이경이 몸을 빌려주기를 거부하며 진짜 죽을지도 모르는 위기에 처하는 신지현의 모습이 그려지며 향후 전개에 긴장감을 실었다. 

유경상 yooks@newsen.com
기사제보 및 보도자료 newsen@newsen.com
copyrightⓒ 뉴스엔. 무단전재 & 재배포 금지
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201105060657061001

 

「49日」イ・ヨオン、ナム・ギュリ 2度死ぬのか、、 逃げ出すイ・ヨオンのためにナム・ギュリ 失神
[ニュースエン ユ・ギョンサン記者]

「49日」イ・ヨオン、ナム・ギュリ 2度死ぬのか、、逃げ出すイ・ヨオンの所為で、ナム・ギュリが失神。

魂のシン・ジヒョン(ナム・ギュリ)に恐れを感じたソン・イギョン(イ・ヨオン)は、プサンに逃げ出した。魂の状態で力をなくしたシン・ジヒョンは道端に倒れた。ソン・イギョンの所為で死ぬ間際に立ったシン・ジヒョンが本当に死ぬ危機にあった。

5月5日放送となたSBS水木ドラマ「49日」(脚本ソ・ヒョンギョン、演出チョ・ヨンガン)16話では、魂のシン・ジヒョンを避けて逃げだすソン・イギョンの姿が描かれた。

シン・ジヒョンがソン・イギョンの体に憑依していたと分かったカン・ミノ(ベ・スビン)は一計を謀った。ソン・イギョンの部屋を高い価格で買い、ソン・イギョンを追い出した後、行く処が無いこの女性にプサンの仕事を提案する。

訳が分からない好意に、ソン・イギョンは、「私に、何故このような」と反問すると、カン・ミノは、「ソン・イギョンさんが引き続き体を貸していると、僕が非常に具合が悪くて危険に陥る。」と言い、「もしこのまま体を貸したら、僕は他の方法で引き続きソン・イギョンさんのことを干渉する以外に無い。」と警告した。

混乱しているソン・イギョンに精神科の医師ノ・ギョンビン(カン・ソンミン)は、やはり日本行きを勧めた。ノ・ギョンミンは、「良い条件なら、プサンへ行くのも当然ではないか」と言い、「万が一、本当に霊魂が入っているなら、いつまでも二つの霊魂が同じ体に居られない。その魂が一生体を貸してくれと言ったらどうするのか」と助言した。

魂のシン・ジヒョンの存在を感じるソン・イギョンは、結局その女性から逃れる決心をした。ソン・イギョンは、シン・ジヒョンの存在を聞き見ることまでした状況。ソン・イギョンは、「出て行って」と言って、シン・ジヒョンを部屋から追い出した後、簡単に荷物を詰め込んだ。

そしてソン・イギョンは後ろも顧みずに駆け出し、タクシーに乗って駅まで行った。49日から今は10日余り残っているシン・ジヒョンは魂の状態で力を出せない状態。シン・ジヒョンは、ソン・イギョンを追いかけようとしたが、途中で力尽きて道端で倒れてしまう。

シン・ジヒョンはソン・イギョンの自殺をしようとしたことで交通事故に巻き込まれ、死ぬときでもないのに死の間際にいる人物。ソン・イギョンが体を貸してくれることを拒否し、本当に死ぬかも知れない危機にいるシン・ジヒョンの姿が描かれ、今後の展開に緊張感を与えた。


« | »