Articles

4人の`奇妙な縁`、他2本(2011.4.22)

2011-10-10 (月)

`49이요원정일우남규리조현재 사람의 `기이한 인연`

입력: 2011-04-22 02:00 / 수정: 2011-04-22 02:01

21일 방송된 SBS 수목드라마 ’49일’ (조영광 연출/ 소현경 극본) 12회에서는 지현, 이경, 강, 스케줄러가 과거 한 자리에 모인 적이 있다는 사실이 밝혀져 기이한 인연을 맺고 있다는 사실이 그려졌다.

지현(남규리 분)의 영혼이 빠져나간 후 깨어난 이경(이요원 분)은 자신이 낮선 곳에 있음에 의아해했고, 지현은 당황스러워하며 발을 동동 굴렀다. 스케줄러(정일우 분) 역시 비상사태로 인해 지현에게로 왔다. 

하지만 강(조현재 분)이 당황스러워하는 이경을 안심시킨 후 천천히 벚꽃 길을 걷게 됐고, 그러다 이경은 문득 과거 추억을 떠올렸다. 그런데 그 기억 속에는네 사람 모두가 들어있었던 것.

과거 이경은 이수(정일우 분)와 함께 손을 꼭 잡은 채 지금 걷고 있던 벚꽃 길을 걸었다.

하지만 그 자리에는 후원 기금을 마련하기 위해 타로를 봐주는 행사를 벌이고 있던 강과 지현 역시 있었다. 이경과 이수는 지나가다 우연히 지현에게서 타로점을 보게 됐고, 이에 네 사람은 한 자리에 모였던 것이다. 

불교의 인연설을 떠올리게도 하는 이 장면으로 인해, 애초에 지현이 이경의 몸을 빌리게 된 것도 이런 기이한 인연의 끈으로 이어져 있었기 때문이 아닌가 하는 생각을 자아내기도 했다. 

한편 이날 방송에서는 이경과 이수의 애틋한 애정신이 그려지는가 하면, 모든 사실을 알게 된 강이 지현을 꼭 안아주는 장면을 엔딩신으로 장식해 시청자들의 감동을 자아냈다. 
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2011042…<ype=1

 

`49日` イ・ヨオン、ジョン・イル、ナム・ギュリ、チョ・ヒョンジェ、4人の`奇妙な縁`
21日放送となったSBS水木ドラマ`49日`(チョ・ヨンガン演出、ソ・ヒョンギョン脚本)12話では、ジヒョン、イギョン、カン、スケジュラ-が過去に一同に介したことがあった事実が明らかになり、奇異な縁を結んでいた事実が描かれた。

ジヒョン(ナム・ギュリ)の魂が入り込んだのち、覚醒したイギョン(イ・ヨオン)は自分が見慣れぬ場所にいることをいぶかしく思い、ジヒョンは慌ててしまい足をじたばたさせた。スケジュラー(ジョン・イル)、やはり非常事態と知ってジヒョンの前に現れた。

しかし、カン(チョ・ヒョンジェ)が慌てたようすのイギョンを安心させて、ゆっくりと桜の花道を歩かせると、イギョンはフッと過去の記憶が蘇った。そしてその記憶の中には4人すべてが居たということ。 

過去、イギョンはイス(ジョン・イル)と一緒にしっかりと手をつなぎ、今歩いている花道を歩いていた。

しかし、そこには後援寄付金を準備するためにタロットを見せる模擬店を出しているカンとジヒョンもやはり居た。イギョンとイスは通りすぎようとして偶然にジヒョンからタロットを誘われ、ここで4人が一つの場所に集まった。

仏教の因縁説を思い浮かばせるこの場面によって、最初にジヒョンがイギョンの体に憑依したことと今回の奇縁の糸につながったからではないかという考えが浮かぶ。

一方、この日の放送では、イギョンとイスの切ない愛情のシーンが描かれ、すべての事実が分かったカンがジヒョンをしっかりと抱き止める場面でエンディングを飾り、視聴者の感動を誘った。

*************************************************************

49조현재분노폭발 ”송이경 건드리지 말라“ 배수빈에 경고

입력 : 2011-04-22 08:09:54

[이데일리 SPN 박미경 객원기자] SBS 수목드라마 `49일` 조현재가 배수빈 배신을 알고 폭발했다.

21일 방송된 `49일`(극본 소현경, 연출 조영광) 12회에서 조현재가 연기하고 있는 한강은 강민호(배수빈 분)과 신인정(서지혜 분)의 내연 관계를 알고 분노했다. 

이날 한강은 신인정이 강민호를 오빠라고 부르는 것을 봤다. 그리고 강민호가 신인정의 손목을 잡아 끄는 모습을 목격하고 두 사람 사이의 의심했다. 

결국 강민호와 신인정이 내연의 관계라는 사실을 깨달은 한강은 ”인정이하고 언제부터냐. 나쁜 새끼. 이건 지현(남규리 분)이 대신”이라며 강민호에게 주먹을 날렸다. 

강민호는 ”지현이 사고 난 뒤”라고 거짓말을 했지만 ”호텔에서 친구와 약혼자를 봤다”고 얘기한 송이경의 말을 떠올리며 ”사고 나기 전부터다. 날 바보로 아냐”고 분노했다. 

이어 ”송이경은 뭐냐. 신인정하고 동시에 좋아졌냐. 인정이하고 사이가 그러면 인정이한테만 신경 쓰고 송이경 건드리지 말라”고 주의를 줬다. 또 ”사랑도 할수 있을 때 골라서 할 수 있다고 하지 않았냐. 나 경고했다. 송이경한테 관심 꺼”라고 강하게 경고했다. 

한편 이날 방송에서는 송이경-스케줄러 송이수(정일우 분)-한강-신지현의 과거 인연이 밝혀지며 극의 흥미를 더했다.
http://spn.edaily.co.kr/entertain/newsRead.asp?sub_cd=EA3…

 

`49日`チョ・ヒョンジェ、怒り爆発「ソン・イギョン 傷付けるな」ベ・スビンに警告
[イーデイリー SPN パク・ミギョン客員記者] SBS 水木ドラマ `49日`チョ・ヒョンジェがベ・スビンの裏切りを知って、怒った。

21日放送された`49日`(脚本ソ・ヒョンギョン、演出チョ・ヨンガン)12話で、チョ・ヒョンジェが演じているハンガンはカン・ミノ(ベ・スビン)とシン・インジョン(ソ・ジへ)の愛人関係を知り激怒した。

この日、ハンガンはシン・インジョンがカン・ミノをオッパと呼ぶのを見た。そしてカン・ミノがシン・インジョンの手首を引っ張る姿を目撃して二人の間を疑った。

結局、カン・ミノとシン・インジョンが内縁関係だという事実を知ったハンガンは、「インジョンとはいつからなんだ。悪いやつだ。これはジヒョン(ナム・ギュリ)の代りに」と言いながらカン・ミノを殴った。

カン・ミノは「ジヒョンが事故を起こした後」と言い、うそをついたが、「ホテルで友だちと婚約者を見た」と話したソン・イギョンの話を思い出し、「事故が起きる前からだ。おれは馬鹿じゃない」と憤怒した。

続いて、「ソン・イギョンは何だ。シン・インジョンと同時に好きになったのか。インジョンとの仲がそうなら、インジョンにだけ気を使い、ソン・イギョンに触れるな」と忠告した。また、「愛せるとき選ぶことができると言わなかったか。おれは警告したぞ。ソン・イギョンへの関心は切れ」と強く警告した。

一方、この日の放送ではソン・イギョンースケジュラ- ソン・イス(ジョン・イル)ーハンガンーシン・ジヒョンの過去の因縁が明らかになりドラマに興味を加えた。

***************************************************************

‘49’ 조현재이요원 빙의된 남규리 영혼 가장 먼저 눈치챘다
[2011-04-22 18:33:32]

[뉴스엔 최영아 기자] 
한강이 신지현의 영혼생활을 눈치챘다.

4월 21일 방송된 SBS 수목드라마 ‘49일’(극본 소현경/연출 조영광) 12회에서는 진안에 내려간 한강(조현재 분)이 신지현(남규리 분)의 실체를 모두 알게되는 모습이 그려졌다. 

한강은 신지현의 영혼이 송이경(이요원 분)에게 빙의돼 있다는 것을 알고 “진안이 처음이라 그랬죠. 이곳 고기맛이 죽인다”며 진안의 이곳저곳을 신지현과함께 다닌다. 신지현은 자신이 강민호(배수빈 분)와 함께 진안에 온 것을 한강이 알고 있으면서도 화를 안내고 잘해주자 한강의 행동에 의아해한다. 

한강은 강민호에게 온 전화를 신지현이 받지 못하게 하고 자신과 함께 서울로 돌아갈 것을 재촉했다. 신지현은 한강이 자신의 상황을 눈치챘다는 것을 아직모르고 있지만 한강의 행동이 뭔가 이상하다는 느낌을 받는다.

한편 진안에서 신지현 영혼이 송이경의 몸을 빠져나가면서 추억이 있는 장소에 가면 송이경이 언제든지 본인의 모습으로 돌아올 수 있다는 새로운 사실이밝혀졌다. 

최영아 youngah@newsen.com

 「49日」チョ・ヒョンジェ、イ・ヨオンに憑依したナム・ギュリの魂に一番最初に気が付いた
[ニュースエン チェ・ヨンガ記者]
ハンガンがシン・ジヒョンの魂生活を感づいた。

4月21日放送されたSBS水木ドラマ「49日」(脚本ソ・ヒョンギョン、演出チョ・ヨンガン)12話では、ジンアンに行ったハンガン(チョ・ヒョンジェ)がシン・ジヒョン(ナム・ギュリ)の正体をすべて分かった姿が描かれた。

ハンガンは、シン・ジヒョンの魂がソン・イギョン(イ・ヨオン)に憑依していることを知り、「ジンアンが初めてだと言っただろう。ここは肉が凄くうまいんだ。」と言って、ジンアンのあちらこちらをシン・ジヒョンと一緒に廻る。シン・ジヒョンは自分がカン・ミノ(ベ・スビン)と一緒にジンアンに来たことを、ハンガンが知っているのに、怒らずに良くしてくれるハンガンの行動をいぶかしがる。

ハンガンはカン・ミノから来る電話を、シン・ジヒョンが受けないように言い、自分と一緒にソウルへ帰ろうと急き立てた。シン・ジヒョンはハンガンが自分の状況を感づいたことをまだ知らないが、ハンガンの行動が何か変だと感じている。

一方、ジンアンでシン・ジヒョンの魂がソン・イギョンの体から抜け出ても、思い出のある場所に行けば、ソン・イギョンがいつでも本人の姿に戻ることが出来るという新事実が明らかになった。


« | »