Articles

「おまえ 誰だ?」、他2本(20114.14)

2011-10-10 (月)

’49‘ 조현재이요원에 ” 누구야?” 빙의 발각되나 
11-04-14 07:41

[마이데일리 = 강선애 기자]SBS 수목극 ‘49일’의 이요원이 조현재에게 정체를 들킬 위기에 빠졌다.

13일 방송된 ‘49일’ 9회분에서 송이경(이요원 분)에게서 거듭 신지현(남규리 분)이 느껴져 혼란스러워하던 한강(조현재 분)은 이경에게 끌리는 감정을 더 이상 억누르지 못하고 이경을 자신의 와인 바에 다시 데려다 취직시킨 후 이전처럼 그녀가 일하는 모습을 묵묵히 지켜보며 마음의 안정을 찾았다.

하지만 한강은 여전히 이경에게서 첫사랑 지현의 행동이 비춰지자 더욱 강한 혼란스러움을 드러냈다. 이경이 무심결에 자신의 이름을 부르자 한강은 다시한 번 이경에게서 지현을 느끼며 “내 이름. 한강! 다시 불러 보라구” 라고 되물었다. 그리고는 불쑥 “고등학교 어디 나왔어요?” “홍합 좋아해요? 하고 물으며이경에 대한 의구심을 나타냈다.

무엇보다 한강은 자신의 첫사랑인 지현이 고등학교 시절 피아노를 치며 불렀던 것과 같은 곡을 이경이 고스란히 허밍으로 재연해내는 것을 우연히 목격하고는 이경에 대한 혼돈은 극에 달했다.

결국 이날 마지막 장면에서 한강은 “너 누구야?” “너…지현이니?”라고 다그쳐 이경에 빙의한 지현의 존재를 눈치채 긴장감을 고조시켰다.

앞서 현대판 저승사자인 스케줄러(정일우 분)는 지현이 이경에게 빙의한 사실을 누군가 알게되면 눈물을 담을 목걸이가 깨져 부활할 수 없다고 언급한 바 있기 때문에 향후 극 전개가 어떻게 흐를지 궁금증을 자아냈다.

방송을 본 시청자들은 “한강이 드디어 이경의 존재가 알아보다니 앞으로의 내용전개가 완전 기대된다”, “역시 한강이 제일 먼저 지현의 존재를 알아챌 줄 알았다! 다른 사람이 아닌 한강이 지현을 눈치 채줘서 너무 감동이고, 다행이다!”, “그럼 지현이 부활 못 하는 거 아니냐” 라며 앞으로 펼쳐질 이야기에 대한 기대감을 한껏 드러냈다. 

강선애 기자 sakang@mydaily.co.kr

 `49日` チョ・ヒョンジェ、イ・ヨオンに「おまえ 誰だ?」憑依がばれたか
[マイデイリー = ガン・ソンエ記者]SBS水木ドラマ ’49日’のイ・ヨオンがチョ・ヒョンジェに正体が見つかってしまう危機に陥った。

13日放送された`49日`9話で、ソン・イギョン(イ・ヨオン)に重なるシン・ジヒょん(ナム・ギュリ)が感じられ、混乱していたハンガン(チョ・ヒョンジェ)は、イギョンに惹かれる感情をこれ以上抑えることが出来ず、イギョンを自分のワインバーに再度連れていき、就職させたのち、以前のように彼女が仕事をする姿を黙々と見守り、気持が落ち着いた。

しかしハンガンは以前としてイギョンが無神経に自分の名前を呼ぶと、ハンガンは再度イギョンからジヒョンを感じ、「僕の名前。ハンガン! もう一度言ってみろ」と聞き返した。そして出し抜けに、「高校、どこに通った?」「貝が好きか?」と聞きながら、イギョンに疑問を抱いた。

何よりもハンガンが自分の初恋のジヒョンが高校時代にピアノを弾いて歌ったときのように、曲をイギョンがそのままにハミングしながら演奏する姿を偶然目撃し、イギョンに対する混沌(とした気持)が極まった。

結局、この日の最後の場面で、ハンガンは、「おまえ 誰だ?」「おまえ、、、ジヒョンか?」とせき立て、イギョンに憑依したジヒョンの存在に気付く緊張感を高めた。

それに先立ち、現代版の死神であるスケジュラ─(ジョン・イル)は、ジヒョンがイギョンに憑依してる事実を誰かが知ったら、涙を溜めたペンダントが割れて復活できないと言ったことがあるので、今後のドラマの展開がどのようになるか、気になってきた。

放送を見た視聴者たちは、「ハンガンがついにイギョンの存在が分かってきて、これからの内容展開がとても期待できる。」、「やはりハンガンが一番最初にジヒョンの存在を知るだろうと思った! 他の人ではなくてハンガンがジヒョンに気付いて、とても感動したし、良かった!」、「それならジヒョンが復活できないのではないか」と言い、これから展開される話に対する期待感を一杯にした。

****************************************************************

 `49신지현드디어 눈물 한방울 얻다

입력: 2011-04-14 19:57 / 수정: 2011-04-14 19:57 

SBS 수목드라마스페셜 ‘49일’(소현경 극본, 조영광 연출, HB엔터테인먼트 제작)에서 남규리가 빙의된 이요원이 드디어 눈물 한 방울을 얻으며 새로운 전개를 맞는다. 

3월 16일 첫방송된 ‘49일’에서 지현(남규리 분)은 교통사고로 혼수상태에 빠졌지만, 스케줄러(정일우 분)의 도움을 얻어 이경(이요원 분)의 몸에 빙의됐다. 

이어 스케줄러가 주문한데로 49일안에 눈물 세 방울을 얻어야 하는 지현은 이경의 몸을 통해 친구들을 찾아다니며 눈물얻기 프로젝트에 돌입했다. 그리고13일 방송분에서 그녀는 친구들을 만나 인터뷰를 하면서 눈물을 봤지만, 이내 그 눈물이 자신을 위한 것이 아님을 알고는 다시금 실망에 빠지고 말았다. 

그러다 14일 방송분에서 지현은 방송 10회 만에 이경의 몸에 빙의된 채 눈물 한 방울을 얻는데 성공하는 것. 더구나, 스케줄러와 약속한 날짜가 반 정도 밖에남지 않아 실망을 하던 차에 얻은 눈물이라 더욱 값지게 느끼게 된다. 

제작진은 “눈물 세 방울을 얻어야만 회생할 수 있는 지현이 드디어 한 방울을 얻게 되면서 새로운 전개를 맞이했다”며 “그 눈물의 주인공은 정말 드라마틱하게 공개될 예정이니 꼭 지켜봐달라”라고 부탁했다.

한편, ‘49일’ 13일 방송분은 시청률 10.0%(TNmS 전국)을 기록, 각각9.7%와 9.0%를 기록한 KBS ‘가시나무새’와 MBC ‘로얄패밀리’를 제치고 수목극 1위를차지했다. 14일 방송분에서는 본격적으로 눈물 한방울을 얻는 지현이 빙의된 이경, 즉 ‘빙의경’의 고군분투가 이어지며 관심을 증폭시킬 예정이다. 

기사제보 및 보도자료 newsinfo@hankyung.com

 「49日」 シン・ジヒョン、ついに涙1滴を得る
SBS水木ドラマスペシャル「49日」(ソ・ヒョンギョン脚本、チョ・ヨンガン演出、HBエンターテイメント制作) で、ナム・ギュリが憑依したイ・ヨオンがついに涙1滴を得て、新しい展開を迎える。

3月16日初放送となった「49日」で、ジヒョン(ナム・ギュリ)は交通事故でこん睡状態に陥ったが、スケジュラー(ジョン・イル)の助けを得て、イギョン(イ・ヨオン)の体に憑依した。

続いて、スケジュラーが言うように49日以内に涙3滴を得なければならないジヒョンは、イギョンの体を借りて友人たちを尋ねるて、涙を得るプロジェクトで突入した。

しかし、14日放送分で、ジヒョンは放送10話ぶりにイギョンの体に憑依したまま、涙1滴を得ることに成功するということ。誰か、スケジュラーと約束した期日がほぼ半分しか残っていず、失望していたときに得た涙で、特に価値があると思える。

制作陣は、「涙、3滴を得られれば回生できるジヒョンがとうとう1滴を得て、新しい展開を迎えた。」と言い、「その涙の主人公は本当にドラマチックに公開する予定なので、必ず見守って欲しい」と頼んでいる。

一方、「49日」13日放送分の視聴率10.0%(TNmS全国)を記録、それぞれ9.7%と9.0%を記録したKBS‘가시나무새’とMBC‘로얄패밀리’を抜いて、水木ドラマ1位を占めた。14日放送分では本格的に涙1滴を得るジヒョンが憑依したイギョン、すなわち「憑依イギョン」の孤軍奮闘が続き感心を増す予定だ。

****************************************************************

 ‘49’ 영혼 남규리 이승떠나려 주변정리 ‘조현재 끝까지 오해
뉴스엔라이브| 입력 2011.04.14 23:10

[뉴스엔 권수빈 기자] 

남규리의 영혼이 이승을 떠날 차비를 했다.

4월 14일 방송된 SBS 새 수목드라마 ’49일’(극본 소현경/연출 조영광 박용순) 10회에서 신지현(남규리 분)은 송이경(이요원 분)의 몸에서 떠날 준비를 했다.

신지현은 자신의 생전 인간관계를 돌이켜 보며 자신을 위해 진실된 눈물 한 방울 흘려줄 사람이 없다는 것에 좌절했다. 신지현은 송이경이 원래 삶으로 돌아갈 수 있도록 주변을 정리했다.

신지현은 한강(조현재 분)에게도 영구 사직서를 제출하며 멀리 좋은 곳으로 떠나기로 했다고 웃으며 말했다. 그러나 한강은 송이경이 강민호(배수빈 분)의곁에서 일하기 위해 떠나는 것이라고 오해했다.

한편 신지현은 아버지 신일식(최정우 분)아 뇌종양이라는 사실을 알게 됐다. 그러나 수술하지 않겠다는 결심을 듣고 아버지에 대한 안쓰러움에 눈물을 흘렸다.しかし手術をしないと言う決心を聞いて、父に対する愛おしい涙を流した。

권수빈 ppbn@newsen.com

기사제보 및 보도자료 newsen@newsen.com
copyrightⓒ 뉴스엔. 무단전재 & 재배포 금지

 「49日」魂のナム・ギュリ この世から去ろうと 周辺整理 ‘チョ・ヒョンジェ 最後まで誤解’
[ニューセン クオン・スビン記者]

ナム・ギュリの魂がこの世から去る代償を払った。

4月14日放送となったSBS新水木ドラマ「49日」(脚本ソ・ヒョンギョン、演出チョ・ヨンガン パク・ヨンスン)10話で、シン・ジヒョン(ナム・ギュリ)の体から出て行く準備をした。

シン・ジヒョンは自分の生前の人間関係を振り返り、自分のために真実の涙を流してくれる人が居ないということで挫折した。シン・ジヒョンはソン・イギョンが本来の人生に戻れるように周辺を整理した。

シン・ジヒョンはハンガン(チョ・ヒョンジェ)からも永久辞表を提出し、遠くて良い処に去ることにしたと、笑いながら話した。 しかし、ハンガンはソン・イギョンがカン・ミノ(ベ・スビン)の元で仕事をするために辞めるのだと誤解した。

一方、シン・ジヒョンは父親シン・イルシク(チェ・ジョンウ)が脳腫瘍だという事実を知った。しかし手術をしないと言う決心を聞いて、父に対する愛おしい涙を流した。


« | »