Articles

ついにイ・ヨオンに心を奪われた(2011.4.9)

2011-10-10 (月)

’49‘ 배수빈조현재 드디어 이요원에게 마음을 뺏기다
2011년 04월 09일 (토) 07:35:54

SBS 수목드라마 ’49일’에서 강민호(배수빈)와 한강(조현재)이 송이경(이요원)을 사이에 두고 러브라인을 형성했다.

강민호는 자신에게 쌀쌀맞게 대하는 송이경에게 점점 마음이 끌린다. 신지현은 데리고 가지 않았던 어머니와의 추억장소에 송이경을 데리고 간다. 점점 신지현이 빙의된 송이경에게 마음을 빼앗기고 신경이 쓰인다.

한강은 자꾸 송이경과 신지현이 오버랩되면서 송이경에게 더 신경이 쓰인다. 자신의 생일날 미역국에 들어간 홍합을 보곤 지배인에게 누가 이 미역국을 끓였는지 묻는다. 송이경이 끓여온 홍합을 보곤 신지현과 오버랩 되면서 송이경을 찾아가고 8회분이 끝났다.

이날 8회분 방송에선 신지현(남규리)이 송이경의 몸을 빌려 송이경 대신 체력관리를 해주었다. 스케줄러(정일우)와 같이 학교 잔디밭에 앉아 지난 4일 동안방안에 갇혀 깨달은 생각을 이야기한다. ’4일 갇히면서 하루가 얼마나 긴지 알았어.’, ‘내 남은 33일을 열심히 쓸거야’라며 영혼이 몸을 빌려 하루하루 사는 삶이 얼마나 소중한지 깨달은 것을 말한다.

또, 송이경에게 측은지심이 생긴 신지현이 자꾸 스케줄러를 불러 도와달라고 요청을 하지만 스케줄러는 인간의 삶에 관여할 수 없다며 자신의 아까운 시간을 뺏지 말라고 한다. 스케줄러는 신지현에게 자신의 죽음과 자신이 왜 스케줄러를 하며 못다 즐긴 인생을 즐기는지에 대해 살짝 언급한다.

지금까지 빙의와 영혼, 저승사자 등 무섭게만 그려졌던 소재를 현대적으로 재미있고 친근하게 풀었다. 진정한 사랑을 얻기 위해 노력하는 영혼과 그에 얽힌인생사가 신선한 소재와 만나 재미있게 그려진다. 

http://www.kookhaknews.com/news/articleView.html?idxno=18059

 

 

 ‘49日’ ベ・スビン、チョ・ヒョンジェ ついにイ・ヨオンに心を奪われた
SBS水木ドラマ’49日’で、カン・ミノ(ベ・スビン)とハンガン(チョ・ヒョンジェ)がソン・イギョン(イ・ヨオン)を間に置いて、ラブラインを形成した。

カン・ミノは自分に冷ややかにするソン・イギョンに益々心惹かれていく。 シン・ジヒョンは連れて行かれたことのないオモニとの思い出の店にソン・イギョンを連れて行く。 益々シン・ジヒョンが憑依したソン・イギョンね心奪われ、気を使う。

ハンガンはしきりにソン・イギョンとシン・ジヒョンがオーバーラップし、ソン・イギョンがまた心配になる。 自分の誕生日にワカメスープに入った貝を見て、支配人に誰がこのスープを作ったのか訊ねる。 ソン・イギョンが作った貝入りを見て、シン・ジヒョンとオーバーラップし、ソン・イギョンを尋ねるところで8話は終った。

この日の8話放送では、シン・ジヒョン(ナム・ギュリ)がソン・イギョンの体を借りたソン・イギョンに対して体力管理をしてあげた。 スケジュラー(ジョン・イル)と一緒に学校の芝生に座り、過ぎた4日間部屋に篭り悟ったことを話した。 「4日閉じこもりながら、一日がどれほどの長さか分かったわ。」「私、残りの33日を一生懸命使うわ」と言い、魂が体を借りて過ごすことがどれほど大切なのか分かったと言った。

そして、ソン・イギョンを不憫(惻隠の情け 측은지심)に思うようになったシン・ジヒョンは、しきりにスケジュラーを呼び出し、助けてあげてと頼むが、スケジュラーは人間の生活に関与できないといい、自分の大切な時間を奪うなと言う。スケジュラーはシン・ジヒョンに自分の死と自分が何故スケジュラーとなり、果てしなく楽しい人生を楽しんでいるかをさらりと話した。

今まで憑依と魂、黄泉への案内人など、恐ろしく描かれていた素材を現代的に面白く親しみやすく解いた。 真実の愛を得るために努力する魂と、それに絡んだ人生史が新鮮な素材とマッチして面白く描かれている。


« | »