Articles

【記事】チョ・ヒョンジェ&ナム・サンミ&キム・ジェウォン、SBS新ドラマ「彼女はといえば」に出演確定5/23

2018-05-23 (水)

俳優チョ・ヒョンジェ、ナム・サンミ、キム・ジェウォンがSBS「彼女はといえば」の主人公として出演を確定した。

「彼女はといえば」は、変わった顔に記憶まで失ったヒロインが記憶の中の自分を見つけていきながら展開されるストーリーを描くミステリーメロドラマだ。別人になるために顔まで変えたヒロインが、手術後予期せぬ記憶障害を起こし、それから展開されるミステリアスなストーリーを描く。

まず、チョ・ヒョンジェは久々にドラマ復帰を果たす。「ヨンパリ~君に愛を届けたい~」以降約2年5ヶ月ぶりである。チョ・ヒョンジェは劇中でチ・ウンハン(ナム・サンミ)の夫であるカン・チャンギ役を務める。テレビ局KBCの人気アナウンサーであり、財閥家出身のエリートだ。チョ・ヒョンジェはこれまでとは違うイメージチェンジを予告し、期待を高めた。

ナム・サンミは記憶を失った自身を見つけるために彷徨うヒロインのチ・ウンハン役を演じる。昨年KBS 2TV「キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~」でガールクラッシュ(女性から見てもカッコいい女性)な魅力を披露したナム・サンミ。同作を含むこれまでの作品とは違う切ない感情の演技で視聴者を虜にする予定だ。

キム・ジェウォンは劇中でチ・ウンハン(ナム・サンミ)の整形手術を担当した整形外科専門医のハン・ガンウ役を演じる。キム・ジェウォンは整形手術後完全に変わったチ・ウンハンと絡んで三角関係を形成する。

「彼女はといえば」は「シークレットマザー」の後番組として、韓国で7月に放送される予定だ。6月中に撮影を開始する。

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2093657


« | »