Articles

【記事】[TFインタビュー後]チョ・ヒョンジェ、馬鹿な温達なので素敵な私たちの王子さま10/27

2015-10-28 (水)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‘ヨンパリ’チョ・ヒョンジェ、「‘ソドンヨ’チーム、今でも連絡を取って会っています。」

[The Fact キム・ギョンミン記者]外見で判断するのが良いことではないが、どうしても最初の印象は重要でしょう。一度も経験して見なくても敢えて、‘この人はどうだろうか’と考えるような要素ですから。俳優のような大衆的な仕事をしている彼らには特にそのはずだ。言葉一つ交えずに作品の中のキャラクターだけで沢山の人たちの頭の中に植えつけられます。

俳優チョ・ヒョンジェについての最初の記憶はSBSドラマ‘ソドンヨ’で始まります。綺麗な韓服よりももっと綺麗な善を持った印象で柔らかな物言いまで、‘私たちの国の王子さまはあのようだったのね’と想像しました。勿論チョ・ヒョンジェはそれ以降も色々なジャンルで多様なキャラクターを演じたけれど、いつも彼を思い浮かべると必ず‘王子様’のイメージが消えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代わりに、チョ・ヒョンジェはそのような‘馬鹿みたいな人たち’と大事な縁を得ています。計算しない関係、無条件に馬鹿みたいに信じて心を許し、全てを受け止めてくれて、またそれを返してくれる人たち、正に‘王子様’チョ・ヒョンジェを作った‘ソドンヨ’チームです。‘ソドンヨ’チーム自慢を並べる彼の瞳が本当にあの時あの画面の中のソドンのようにきらめいていました。

「今でも‘ソドンヨ’チームとしばしば連絡を取っています。イ・ボヨン姉さんは気さくです。‘ヨンパリ’を応援してくれて、終わると、‘良くやったね’と電話で話しました。赤ちゃんを見ていて忙しいそうですよ。ユジン兄さんとは町内が似ていて週に1,2回会います。僕の話をよく聞いてくれます。(イ)チャンフン兄さんも助言を沢山してくれます。有難い姉さん兄さんが沢山います。ハン・チェヨンも16年の演技生活の中13年を共にした友人ですね。皆、似たような性格の方々、友人です、」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

他の人たちを傷つけたくないと決めた事を愚かで馬鹿みたいと言えるでしょうか。寧ろそれを悪用するのが悪い人たちでしょう。しかしひときわ過酷で冷酷な芸能界生活を‘馬鹿’で黙々と耐えて来たと考えたら、今更ながらに凄いと感じてしまいました。何よりも何処かへ行って、‘わたしの人たち’と言って主張できる縁に出会えたら、その‘馬鹿’は‘王子様’よりも本当に得られたことが多いんですね。

http://news.tf.co.kr/read/entertain/1595952.htm


« | »