Articles

【記事】チョ・ヒョンジェ、「‘昔は良くやった’と言う言葉、寧ろ有難い」10/9他3本

2015-10-09 (金)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


俳優チョ・ヒョンジェ(35)が「昔はよくやったと…」というネチズンの意見に、「感謝している」と話した。

チョ・ヒョンジェはSBSドラマ‘ヨンパリ’で存在感を見せた。デビュー15年で初めての悪役を引き受けた彼は自分を代表するソフトなイメージの代わりに挑戦を選択した。しかし20代でずっと主演だけをした彼に悪役、二番目の男性主人公という席は大衆に違和感を与え、「旬が過ぎたのではないか」と、一部で評価が出ていた。

「昔はとても良くやっていたと言うことでしょう。(笑) そのような評価を悪評だとは思いません。僕を心配してくださっているじゃないですか。寧ろ有難いです。今も僕は若くて、出来ることが沢山あると信じています。悩んでいたときに‘ヨンパリ’を出来たし、僕のフィルモグラフィに残る作品が生まれて幸せなだけですよ。」

‘ヨンパリ’はチョ・ヒョンジェに演技人生2幕を開いてくれた作品だ。この前までは悪役自体、オファーを受けたことが無かった彼に、線が太く性格がハッキリしたキャラクターも消化できる可能性を証明させる切っ掛けとなったからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「35歳の男、知っていることは知っているでしょう。(笑) 普通の人たちがそうであるように、僕も従順なだけではありません。30半ばになったから始めの頃の気持ちと違ってきましたね。30初盤ではまだ20代と思っていたんです。最近インタビューを受けながら歳、結婚の質問を受けたからか、‘僕が30中盤なんだ。’と今更ながらに感じます。それでも‘ヨンパリ’に出演して、この歳に再出発する気持ちになりました。 性格のあるキャラクターをこれからもっと引き受けたいです。」

彼は‘ヨンパリ’でハン・ヨジン(キム・テヒ)の異母兄で、グループの第一人者となるために悪行を犯す壮絶な人物、ハン・ドジュンを演じた。しかしドラマの配役とは違い、実際のチョ・ヒョンジェは可愛がられて育った末息子だ。

「上に姉が二人います。僕の歳で可愛いという表現は気恥ずかしいですね。(笑) 両親がとても良く世話をしてくれました。 今も親と一緒に暮らしています。勿論、上、下で、生活空間を分けて過ごしている独立ではない独立の状態です。二番目の姉が結婚して、先日甥が100日になりました。とても可愛いです。

「中学生のときでも歳をとって見える若年寄でした。」と言うチョ・ヒョンジェは幼い時から自立心を持った生活、俳優になることができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「17歳で歌手としてデビューしたが止めました。俳優キム・ガンウと一緒のグループだったけれど、放送に1回出演したのが全部でしたね。その当時は、歌手で芸能界に活動を始めるのが日常茶飯事だったんです。デビュー曲が‘悲しい縁’でした。本当に悲しい縁だけ作って終わりましたね。(笑) 僕は高校も行かないで検定考試(大学検定)で大学へ行きました。20歳から演技者オーディションをずっとして、子の仕事を本格化させることが出来たんです。」

短いけれど歌手としてデビューした経歴があり、専攻は演劇映画だ。公演(コンサート)を試みるに値するが、チョ・ヒョンジェは「映像を好む」と言って次期作に対する期待感が高い。

「ミュージカルも学べばできると思います。ただ、個人的に好む分野が違うだけですよ。ライブする魅力が好きな方たちもいるだろうけれど、僕は映像演技の方、作られたファンタジーにもっと魅力を感じる方です。現実にはいない人物をフィルムに載せる作業が面白くて芸能人になったのだと思うし、今も映像を通じて大衆と共感を形成する作業が好きです。だから次回作も早くお見せしたいです。今は、優しい役は勿論、悪役も可能じゃないですか? やはり映画で表現できる性格の範囲が広いので、機会があれば映画も並行してやりたいです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[インタビュー①]チョ・ヒョンジェ「‘ヨンパリ’前作に比べて10キロ減量…入金完了ですか?」

[スポーツ朝鮮 イ・ユナ記者]「入金はしてないけれど、10キロ減量です。」

美男俳優チョ・ヒョンジェが真面目な顔でいたずらっぽく‘入金完了’メント(ment 業界用語らしいです。状況とでも訳せばよいかと…)を投げて笑いを誘った。

チョ・ヒョンジェは8日ソウル カンナム ノンヒョン洞のあるカフェでスポーツ朝鮮と会い、SBS‘ヨンパリ’ハン・ドジュンで初悪役に挑戦した過程を伝えた。

「‘スベクヒャン’のときより‘ヨンパリ’で体重10キロを減量した。」と彼の言葉に、「入金になったの」と問うと、「入金はダメだけれども、一生懸命に減らした。やはり入金になったらもっと力を得ると思う。‘ヨンパリ’はまだ入金ではない。」と笑いを誘った。

‘入金完了’はスターたちが作品前後に短時間で外貌を変化させて急激に変わった時、冗談のように言うファンたちの用語だ。作品前では心に決めていたり休んだりしていたが、作品に入って入金が完了すると、180度変わった姿を見せてくれたと言う意味だ。

彼は前作NBC‘帝王の娘、スベクヒャン’以降、新しい姿を見せるため、ヘルスクラブに行き、体重を調節してきた。以降、‘ヨンパリ’ハン・ドジュン役に決まると、鋭敏で切れ味の良い悪役を消化するためにすぐに採食を主に玄米食に変えて追加減量に入った。

チョ・ヒョンジェは、「72~74キロが僕の平均体重で、‘ヨンパリ’をしながら60キロ台に減らした。」と言い「見かけばかりではなく限りない悪行をしでかすハン・ドジュンに成りきるために、撮影現場で冗談を一言も発しなかった。」と、(その)努力を伝えた。

20代で日本の韓流五天王と呼ばれ、気忙しい生活を送ったチョ・ヒョンジェの30代はどうだろうか。

チョ・ヒョンジェは「20代では子供のようで中途半端だった。余裕も多くなかったし、人々に対して知恵も特になくと思う。」と言い、「僕の名前の様に、いつも‘現在’が良いと思う。俳優としてエネルギーの源泉である‘幼稚さ’を維持したいが、心情的に柔軟になり、歳に合った演技を出来ることがいつも新しくて心ときめく。」と言った。

チョ・ヒョンジェは‘ヨンパリ’を通じて既存の善良でマナーの良いお坊ちゃんイメージから脱皮し、悪役も誇らしく成し遂げた。

彼のまた違った挑戦が気になる。チョ・ヒョンジェは、「前作‘スベクヒャン’をしながら悪戯っぽさのある姿なども見つけた僕を発見した。」と言って、「当時イ・サンヒョク作家さまはカメラの外でも俳優チョ・ヒョンジェを面白いと言ってくださった。ロマンチックコメディーを是非するようにと薦められた。」と話した。

続いて「僕の中ではお寒いのに笑わせることも多かった。フォーカスが合って、明るいジャンルに出会えても大丈夫だと考えることもあった。」と言い、「露出でなければ、壊れる演技も挑戦したい。」と明らかにした。

以下、省略

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[インタビュー②]チョ・ヒョンジェ「実際、恋愛? ‘49日’のときもGFいましたが…」

[スポーツ朝鮮 イ・ユナ記者]「結婚よりまず恋愛をしたいです。」

国家代表級の美男スターのチョ・ヒョンジェでも愛の痛みがあった。

俳優チョ・ヒョンジェ(35)は8日ソウル カンナム ノンヒョン洞のカフェでスポーツ朝鮮と会い、‘実際の愛’の経験を話し出した。

チョ・ヒョンジェは、「俳優ではない男チョ・ヒョンジェは中途半端な面が多い。学生時代でも友人が違う友達を好きで、突き進んだが断られて傷ついた。一般的な男性と当たり前に同じだ。」と言った。内気だが生まれつき‘ハンサム’で女学生に断られない外見の持ち主の口から出た思いがけないコメント。

彼は最近終演したSBS水木ドラマ‘ヨンパリ’でチェヨン(チェ・ジョンアン)に向かって一方的な愛を向けたハン・ドジュン役を引き受け壮絶な死を迎え、妻チェヨンの復讐心を刺激した。

チョ・ヒョンジェは、そのような‘一方通行の愛’の経験の質問に、「最初から‘愛している’と話せないが好きな気持ちが関心で大きくなり、‘時間があるか’、‘会えるか’と勇気を出して何回か誘ったけれど、結局断られたことがあった。」と言い、「特に仕事をしていると恋愛と並行出来ない方だ。」と答えた。

彼が回顧した時期は、過去俳優イ・ヨウオンと一緒に撮ったドラマ‘49日’撮影時だ。

チョ・ヒョンジェは、「当時、好きな女性と付き合っていたが、撮影に入った一か月目に会えなくて関係が崩れて、二か月目に会えないからとGF側から別れようと伝えて来た。」と言い、「俳優と言う職業を愛していると、GFを寂しがらせる。仕事をしながらの恋愛は難しいですね。」と説明した。

実際、チョ・ヒョンジェはドラマに入ると役に陥るスタイルだ。今回‘ヨンパリ’撮影中でも短いアドリブやいたずらも一切慎んだ。悪役ハン・ドジュンとしてだけ生きるために終始真剣だった。

彼は計算した結婚よりは自然な恋愛を願っていた。男女の出会いについて、‘結婚’制度はやはりお互いの条件も重要な基準になるからだ。

チョ・ヒョンジェは、「結婚を考えて出会いを始めたら、お互い負担になるのではないかと思う。見ることが多いし、考えることが多くなると思う。ただその人自身を好きになって会ってみることが先だと思う。」と言い、「結婚は神様が下してくださると思っている。好きな人を下さると信じている。」と言ってほほ笑んだ。

以下、省略

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[インタビュー③]チョ・ホyンジェ‘ハン・チェヨンからイ・ボヨンまで’美女★友情史

[スポーツ朝鮮 イ・ユナ記者]ソン・ヘギョ、ハン・チェヨン、スエ、イ・ヨウオン、 イ・ボヨン、キム・テヒ、、、とても有名な名前の韓国を代表する美女スター軍団の共通点がある。すべてチョ・ヒョンジェとドラマのパートナーの経験があるということ!

劇中‘バービー人形’ハン・チェヨンとは3回息を合しているし、‘トップ’キム・テヒとは今回の‘ヨンパリ’で2度目であった。

チョ・ヒョンジェは、8日ソウル カンナム ノンヒョン洞のカフェでスポーツ朝鮮と会い、‘女福が多い’という質問に「今回‘ヨンパリ’でキム・テヒさんと再会し、以前とは全く違うキャラクターが出ているのを見て、寧ろ一度作品をしたことのある俳優とまた作っても本当に良いと思った。」と笑った。

チョ・ヒョンジェは、‘特に誰としたい?’と言う質問に、「‘ラブレター’のスエさん、‘49日’のイ・ヨウオンさん、特に演技の呼吸が良かった。」と言い、「お互いが嵌って、求めなくても演技で来た気分になった。」と話した。ソン・ヘギョとハン・チェヨンは実物がもっと可愛い俳優に見えた。チョ・ヒョンジェは、「個人的に本当に可愛いと思う俳優は、ソン・ヘギョとハン・チェヨンさん。」と言い、「その中でも3作品で会ったハン・チェヨンは13年知古の親しさで、(心の)中の話まですべて出来る、異性だが兄妹のような友人。」と説明した。

チョ・ヒョンジェとハン・チェヨンは2001年‘父と子’で初めて会い、2005年‘オンリーユー’、2013年‘広告の天才、イ・テベク’まで3回息を合わせている。

彼はハン・チェヨンについて、「もしもお金をいくらか貸してくれと急に連絡しても、貸してくれるような友人。」と言い、「それ程さっぱりしていて義理がある。」と称賛した。

また、「イ・ボヨンさんと一緒にした‘ソドンヨ’チームは今でもよく会う。」と言って、「今回の‘ヨンパリ’をしていても、イ・ボヨンさんとハン・チェヨンさんから7良く見ている‘’ドラマがとても良くて、すごく良かった。‘と電話で応援を受けた。」と美女スターたちとの格別な友情を見せた。

チョ・ヒョンジェは2000年‘ポカリスエット’広告でデビューし、今年で16年目のベテラン俳優だ。ハンサムな外見と紳士的なイメージで此の間、‘ソドンヨ’‘ラブレター’‘初恋’‘帝王の娘、スベクヒャン’まで(線の)太い作品を続けて来た。今回‘ヨンパリ’の興行で悪役まで消化し、俳優としてのスペクトラムを広げている。

一方、チョ・ヒョンジェはしばらくの間休んでから、多様な範囲のジャンルから次期作を選ぶ予定だ。

 

 

 


« | »