Articles

"あなたを心から愛する3人の人がいますか?"(2011.3.8)

2011-10-09 (日)

[아시아투데이=우남희 기자]“당신은 당신을 진정으로 사랑하는 세 사람이 있습니까?” 
SBS 새 수목드라마 ’49일’의 기획의도를 보면 삶에 대한 질문을 던지게 해준다. 

이 작품은 교통사고를 당해 혼수상태에 빠진 한 여인이 진심으로 사랑하는 세 사람의 눈물을 얻으면 회생할 수 있다는 조건을 제시받으면서 벌어지는 에피소드를 그려간다. 

남한테 나쁜 짓을 한 적도 없고 그저 주어진 환경에서 자기 삶을 사랑하며 행복하게 살았던 신지현(남규리)이 행복의 정점에서 죽음의 경계를 서게 된다. 그는 다시 이승의 삶으로 돌아가기 위해 ’혈육을 제외하고 그를 진정 사랑하는 세 사람의 눈물’을 받아야만 한다. 

그 과정에서 신지현은 연인의 죽음으로 무의미한 삶을 살아가는 송이경(이요원)의 몸에 빙의되고 살아있을 때 보지 못한 자기 삶의 이면과 철저하게 맞닥뜨린다. 그리고 잘못된 삶을 바로 잡고 자신의 삶을 되찾기 위해 고군분투한다. 

신지현으로 분한 남규리는 8일 오후 서울 목동 SBS 사옥에서 열린 ’49일’ 제작발표회에서 ”사람들은 자신은 다른 사람에게 피해를 주지 않고 자유를 누리고산다고 생각한다. 나도 그랬다”며 ”또 나는 그냥 ’밥 먹었어?’하는 말이 남에게는 아픔일수도, 어느 남에게는 행복일 수도 있다는 점을 모르고 살았다. 이번 드라마를 통해 깨달았다”고 밝혔다. 

이어 ”우리 드라마는 인생에 대해 되돌아보게 되고, 삶을 다시 한번 생각해볼 수 있는 기회가 될 것 같다”고 덧붙였다. 

극중 신지현의 친구 신인정 역의 서지혜는 ”드라마 중간 중간에 삶에 대한 중요성을 느끼게 만드는 장면이 많다. 눈물을 흘리는 신이 있는데 눈물의 색깔에따라 사람들의 감정이 표현된다”며 ”그런 장면들이 드라마의 주제를 잘 표현할 수 있을 것 같아 기대가 된다”고 말했다. 

극중 신지현을 짝사랑하는 한강 역의 조현재는 ”49일안에 눈물 세 방울을 얻어야 회생할 수 있는 이야기를 통해 자기 삶을 돌아보게 되고 자기 자신도 돌아보게 될 것이다”고 말했으며, 신지현의 약혼자 강민호로 분한 배수빈 또한 ”우리는 중요한 것을 깨닫지 못하고 항상 바쁘게 산다. 이 드라마를 통해 삶을 되돌아보는 시간을 가졌으면 한다”고 전했다. 

조영광 PD는 ”우리 드라마는 죽음에서 출발한다. 죽고 난 다음에 날 위해서 울어줄 사람이 누가 있을까, 누구나 생각해봤을 것이다”며 ”영혼이라는 소재를통해서 인간적인 면을 보여주고 싶었다. 다른 사람의 몸을 통해 자신을 보고, 자기가 사랑했던 약혼자와 친구의 배신을 보며 삶의 단면을 돌아보고 성장해나가는 여자의 고군분투기다”고 설명했다.

이어 ”주인공을 보며 시청자들이 ’나는 어떠한 삶을 살아왔는가’를 되돌아보고 우리가 당연하게 받아들이고 있는 우리 삶의 소중함에 대해 생각해 볼 수 있는드라마를 만들고자 한다”고 덧붙였다.

’49일’은 ’찬란한 유산’ ‘검사프린세스’ 등의 소현경 작가와 ’드림’ ‘천사의 유혹’ 공동연출을 맡았던 조영광 PD가 의기투합했다. 오는 16일 밤 9시 55분 첫 방송. 

<우남희 기자 wnh@asiatoday.co.kr>

  [アジアトゥデー=ウ・ナムヒ]"あなたを心から愛する3人の人がいますか?"
SBS新水木ドラマ'49日'の企画意図を見ると、人生に関する質問を投げ掛けている。

この作品は交通事故で昏睡状態に陥った女性が心から愛する3人の涙を得て回生することができるというエピソードを描いている。

人に悪いことをしたわけでもなく、ただ与えられた環境で自分の家族を愛し幸せに暮していたシン・ジヒョン(ナム・ギュリ)が、幸せの頂点で生死の境に立つ。彼女は、再度現世に帰るために、肉親を除いて彼女を本当に愛する3人の涙を獲得しなければならない。

その過程でシン・ジヒョンは、恋人の死によって無意味な人生を生きているソン・イギョン(イ・ヨオン)の体に憑依して、生きているときには見ることができなかった自分の人生の裏側に徹底的に直面する。そして間違えていた人生を知り自分の生を取り戻すために孤軍奮闘する。

シン・ジヒョン役のナム・ギュリは、8日午後ソウル モクドンSBS社屋で開かれた'49日'製作発表会で、「人々は、自分は他人に害を与えず自由に暮していると考えています。わたしもそうでした。」といい、「また、わたしはただ、"ごはん食べた?"という言葉は他人には痛みとなることもあるし、どんな人でも幸せになれるということを知らずに暮している。今回ドラマを通じて悟りました。」と明らかにした。 

引き続き、「私たちのドラマは人生について振り返り、人生をもう一度考えてみる機会になると思います。」と付け加えた。 

劇中、シン・ジヒョンの友人シン・インジョン役のソ・ジへは、「ドラマのそこここで人生の重要性を感じられるような場面が沢山あります。涙を流すシーンがありますが、涙の色によって人々の感情を表現します。」といい、「そのような場面がドラマの主題を良く表現していると思うので期待してください。」と言った。

劇中シン・ジヒョンを片想いするハンガン役のチョ・ヒョンジェは、「49日以内に涙3滴を得なくては回生できない話を通して、自分の人生を省みられるし、自分自身も振り返る良い機会を得た。」といいながら、シン・ジヒョンの婚約者カン・ミノ役のベ・スビンもまた、「僕たちは大切なことに気が付かずにいつも忙しい。このドラマを通して人生を振り返る時間を持てたら、と思う。」と言った。

チョ・ヨンガンPDは、「私たちのドラマは、死から始まる。 死んだことで泣いてくれる人がいるだろうか、誰でも考えたことがあるはずだ。」と言い、「魂と言う素材で人間的な面をお見せしたい。他人の体の中で自分を見て、自分が愛した婚約者や友人の背信を見て、人生の断面を省みて成長する女性の孤軍奮闘記だ。」と説明した。

続いて、「主人公を見て、視聴者たちが’自分はどんな人生を生きてきたのか′を振り返り、我々が当たり前に受け入れている我々の人生の大事さを考えてみることができるドラマを作ろうと思った。」と付け加えた。

‘49日’は ’燦爛たる遺産’、 ’検事プリンセス’ などのソ・ヒョンギョン作家と ’ドリーム’ ‘天使の誘惑’ 共同演出を引き受けたチョ・ヨンガン PDが意気投合した。来る16日夜9時55分初放送。


« | »