Articles

“現役除隊、大韓民国男子として、、”(総合)(2010.6.19)

2011-10-08 (土)

전역’ 조현재 “현역제대, 대한민국 남자라 뿌듯..” (종합)
[2010-06-19 10:42:46] 

[포천(경기)=뉴스엔 글 김지윤 기자/사진 임세영 기자]
배우 조현재(30)가 2년여간의 군 복무를 마치고 팬들 곁으로 돌아왔다.

조현재는 6월 19일 오전 9시 10분께 경기도 포천시 소흘읍에 위치한 56 탄약대대에서 퇴소 신고 후 후임병들의 배웅을 받으며 부대 밖을 나섰다. 

이날 제대 현장에는 한국 팬들은 물론 일본, 중국, 홍콩, 태국 등 아시아 각지에서 찾아온 팬 500여명이 모여 조현재의 전역을 축하했다. ‘더 높게 비상하라’라는 문구가 적힌 노란색 풍선을 들고 있는 팬들은 조현재의 늠름한 모습에 기쁜 마음을 감추지 못했다. 

지난 2008년 의정부 306보충대 신병교육대로 입소해 현역으로 군 복무 생활을 한 조현재는 ”입대할 때보다 더 많은 팬들이 온 것 같다. 감사하다”고 고마운마음을 전했다.

조현재는 이어 ”어제는 떨려서 잠을 못잤다. 군견병으로 있었는데 군견과 고생한 전우들 생각이 가장 많이 날 것 같다”며 ”현재 가장 먹고 싶은 음식은 물이다”며 ”오늘은 가족들과 함께 식사를 할 계획이다”고 전역 소감을 밝혔다. 

연예사병이 아닌 일반병으로 군 복무를 마친 조현재는 ”물론 (일반사병이라) 중간에 힘든 점은 있었다”며 ”스무살 때부터 현역으로 가고 싶다고 생각했다. 현역에서 근무를 하기에 충분한 체력을 갖췄기 때문에 당연하다고 생각했다. 또 일반 사병들과 함께 전역을 해보고 싶었다”고 이유를 밝혔다. 

또 조현재는 ”외박 당시 매니저들에게 부탁을 해 원더걸스 사인을 받았다”고 깜짝 고백을 하기도 했다. 조현재는 ”군대 안에 원더걸스를 좋아하는 사람이 많아서 그랬다”면서 최근 ’2DT’로 컴백한 이들의 노래 열창 부탁은 끝내 거절했다. 그러나 조현재는 군 생활 중 가장 큰 힘이 된 걸 그룹을 선택해달라는 질문에는 ”다 좋았다. 한 그룹을 꼽을 수가 없다. 정말 다 좋았다”고 재치있게 답했다. 

또한 평소 여배우 복이 많기로 유명한 조현재는 이후 같이 연기를 해보고 싶은 배우를 꼽아달라는 취재진의 질문에 ”가릴 때가 아니다”고 너스레를 떨었다.조현재는 이어 ”친한 분들은 거의다 면회를 왔다”며 군 입대 전 출연했던 SBS ‘서동요’ 팀의 이보영과 제작진이 다녀갔다고 설명했다.

특히 조현재는 2010 남아공 월드컵과 관련해서는 ”지난 그리스전과 아르헨티나전은 말년 휴가를 받아 밖에서 봤다”며 ”골을 넣은 박주영 선수가 가장 기억에 남는다. 크게 계획은 없지만 아마도 사무실 직원들과 보게 될 것 같다. 우리나라가 3대0으로 이길 것 같다”고 대표팀의 선전을 기원했다. 

이밖에도 조현재는 애인에게 한마디를 해달라는 취재진의 유도심문에 ”여자친구가 없다”고 당황스러운 듯 답하며 ”군 복무 중 살이 쪘다. 그래도 매일매일하루도 빠짐없이 간단한 푸시업과 같은 운동을 했다”고 ’몸짱’비결을 밝혔다. 또 조현재는 피부가 너무 좋은 것 같다는 한 리포터의 지적에 ”썬크림을 매일 발라서 그런 것 같다”고 너스레를 떨었다. 

끝으로 입대전 팬들을 위한 앨범을 낸 바 있는 조현재는 부끄러운 듯 노래를 한소절 부르더니 ”대한민국 남자로서 무사히 군생활을 마치게 돼 기쁘다. 감사하고 뿌듯하고 영광이다”며 ”다음 작품은 아직 계획이 없다. 잘 찾아보겠다. 현재 논의중인 것이 있는 것으로만 안다”고 끝인사를 건넸다. 

김지윤 june@newsen.com / 임세영 seiyu@newsen.com
기사제보 및 보도자료 newsen@newsen.com
손에 잡히는 뉴스, 눈에 보이는 뉴스(www.newsen.com)
copyrightⓒ 뉴스엔. 무단전재 & 재배포 금지

 ‘転役’チョ・ヒョンジェ“現役除隊、大韓民国男子として、、”(総合)
[2010-06-19 10:42:46] 

[プチョン(キョンギ)=ニュースエン 文 キム・チヨン記者/写真 イム・セヨン記者]

俳優チョ・ヒョンジェ(30)が、2年余の軍服務を終え、ファンたちの傍らに帰ってきた。

チョ・ヒョンジェは、6月19日午前9時10分に、京畿道抱川市ソフルブある 56 弾薬大隊で、退所申告ののち、後任兵たちの見送りを受けて部隊の外に出た。

この日、除隊現場では韓国ファンたちは勿論日本、中国、香港、タイなど、アジア各地から訪れたファン500余人が集まり、チョ・ヒョンジェの転役を祝った。‘もっと高く翔べ’と言う言葉が書かれた黄色い風船を持ったファンたちは、チョ・ヒョンジェの凛々しい姿に、嬉しさを隠しきれなかった。

去る2008年議政府 306補充隊新兵教育隊へ入所し、現役として軍服務の生活をしたチョ・ヒョンジェは “入隊した時より多いファンが来たようだ。感謝する。”と、感謝の気持ちを伝えた。

チョ・ヒョンジェは、続いて、“昨日は震えて眠れなかった。軍犬兵だったが、軍犬と苦労を共にした戦友たちのことを一番多く考えていたと思う。”とし、”今一番欲しい食べ物は水だ。”と言い、”今日は家族と一緒に食事をする計画だ。” と転役所感を明らかにした。

芸能兵ではなく一般兵として軍服務を終えたチョ・ヒョンジェは、“勿論(一般兵として)途中で苦しいことはあった。”と言い、“二十歳で現役をしていたら、と考えた。現役で勤務するには十分な体力があったので、当然だとも思った。そして一般兵たちと一緒に転役したかった。” と理由を明らかにした。

また、チョ・ヒョンジェは、“外泊したときにマネージャーに頼んで、ワンダーガールのサインを貰った。”と、突然告白までした。 チョ・ヒョンジェは、“軍隊内では、ワンダーガールを好きな人が沢山いたので、そうしたんだ。”と言いながら、最近、‘2DT’でカムバックした子たちの歌を熱望されたけれど最後まで断った。 でもチョ・ヒョンジェは、
軍生活中最も力づけてくれたグループを選択してくれという質問では、“全部好きだった。グループを一つ挙げるなんて出来ない。 本当に全部好きだった。”と気を利かした返事をした。

また普段女優運が強いことで有名なチョ・ヒョンジェは、これから一緒に演技をして見たい俳優を言ってくれと頼む取材陣の質問に、“選ぶなんてしない。” と、うまくかわした。チョ・ヒョンジェは続いて、 “親しくさせていただいた皆さんは、殆ど皆面会に来た。” と言い、軍入隊前に出演した SBS ‘ソドンヨ’ チームのイ・ボヨンと製作陣がいらしてくれたと説明した。 

特筆は、チョ・ヒョンジェは、2010南ア・ワールドカップ戦は、“去るギリシャ戦とアルゼンチン戦は、末年休暇を取って外に見た。”と言い、“ゴールを入れたバク・ジヨン選手が一番記憶に残る。大きな計画は無いけれど、多分事務所の職員と見ると思う。 わが国は3対0で勝つと思う。”と、代表チームの善戦を祈った。

この他にも、チョ・ヒョンジェは、恋人に一言を言ってくれと言う取材陣の誘導尋問に、“ガールフレンドがいない。” と戸惑いながら答えて、 “軍服務中に太った。それでも毎日毎日一日も欠かすこと無く簡単なプッシュアップのような運動をした。” と ’モムチャン’の秘訣を明かした。 またチョ・ヒョンジェは肌が綺麗だという一リポーターの指摘に、 ”日焼け止めクリームを毎日塗っていたからだと思う。” と、おどけて言った。

最後に、入隊前ファンのためのアルバムを出した事があるチョ・ヒョンジェは、恥ずかしいそうに歌を歌い、 ”大韓民国男として無事に軍生活を終えて嬉しい。感謝し、胸がいっぱいで、光栄だ。”と言い、”次の作品はまだ計画がない。よく検討する。現在検討中のものがあることだけは知っている。” と最後のコメントをした。


« | »